「バーニラ、バニラ、高収入♪」キャッチーかつハイテンションな曲はにわかに話題となっている(ホームページより)

写真拡大

 新宿や渋谷など首都圏の繁華街を走る宣伝カーから流されている「バーニラ、バニラ、高収入♪」というゴキゲンな曲。これはキャバクラや風俗求人サイトの宣伝曲だが、そのキャッチーさから今や子どもまでが口ずさんでいる。他には、男性の夜のお仕事求人サイト「俺の風」の宣伝曲も、一度聴いたら耳から離れないと中毒者が急増中だ。これらの曲はなぜ、こんなにも人々の耳を虜にするのだろうか。これまで700本以上のCMソングを手がけてきた作曲家の近谷直之氏に聞いた。

 ***

 バーニラ、バニラ、バーニラ求人♪
 バーニラバニラでアルバイト〜♪

 こんな複数の若い女性の大音量の合唱を引っさげ、首都圏の街を爆走する宣伝車を見たことはないだろうか。そのキャッチーかつハイテンションな曲はにわかに話題となり、YouTubeの公式動画は100万回再生を誇っている。

「バーニラ、バニラ、高収入♪」キャッチーかつハイテンションな曲はにわかに話題となっている(ホームページより)

 一度聞いたら最後、あの女子たちのキャピついた声色とフレーズが耳から離れず、頭の中で無限ループされてしまうという人も多いに違いない。その理由について、近谷氏は次のように分析する。

「まず、フレーズを連呼することで記憶に残りやすくなる、ということが挙げられます。単純接触効果といって、広告の世界では映像や商品名に多く触れれば触れるほど、印象に残り効果があると言われています。『バニラ』も広告ソングなので、フレーズを連呼して印象に残す狙いがあるのだと思います」

 また、歌詞に音程がないことも特徴的だという。近谷氏が“聴き起こして”くれた楽譜を見ると、そこに記載されている音符の種類が少ないことがわかる。

「音程を取らなくてもいいので、口ずさむハードルはぐっと下がります。チアリーディングの掛け声(『Go!Fight!Win!』など)がいい例で、子どもから大人まで誰でもマネすることができますよね。リズミカルだけど音程がない、キャッチーでマネしやすい要素が揃っています」

 同じように、最近テレビで頻繁に見かける日野自動車のCMフレーズ「トントントントン ヒノノニトン♪」も音程がない。これにおいても、音程のなさがいかに口ずさみやすさともリンクしているかが分かる。

「休符」と「4つ打ちリズム」でファンキーに

 もう少し音楽のテクニカルな観点から、「バニラ」が何故耳に残るのかも検証してみよう。

「特徴的なのが休符(音を一時的に休止する記号)。『バニラ』と『バニラ』の間には休符が入っているんです。『バーニラ、ウ(休符)、バニラ、ウ、バニラ、求人♪』という具合ですね。この休符があることによって、ファンクのように裏拍(リズム表現の一つ。『1と2と3と…』とリズムを取った時の『と』にあたる部分)が強調されるんです。裏拍を感じることができると、曲はリズミカルでキャッチーな印象になります。仮に休符がなければ、非常にのっぺりとした印象になりかねませんでした」

 このように、休符があることで裏拍が強調され、曲全体が締まり、歯切れの良いフレーズとなっているというわけだ。さらに、キャッチーに受け取られやすい特徴的な“仕掛け”も施されているという。

「この曲は、ずっと4つ打ちのリズムなんです。『ズッチー ズッチー ズッチー ズッチー』というリズムが、歌詞の裏で流れていて途切れない。これにより、どこを切り取っても盛り上がっているように聞こえます。街宣車で流しているため、不特定多数の通行人が、どの部分で聞いても耳に残るように、工夫されていますね。そして、極めつけは最後。休符を織り交ぜながら細かくきていますが、『高〜収〜入〜』の部分で『タン・タン・タン』と単純に終わらせることで、きちんと曲として“完結”させています」

 このように、さまざまな要素が合わさり、バニラは我々の耳から離れてはくれないのである。

ロックな「俺の風」はGLAYにも通ずる

 俺の風 俺の風 俺の風
 今より稼げる高収入
 俺の風 俺の風 俺の風
 稼げる男に俺はなる

 夜の繁華街には他にも「バニラ」に迫る人気を博している名曲がある。男性専用の夜のお仕事求人サイトの街宣車が流す「俺の風」だ。

「『俺の風』も基本的にはバニラと同じで、ポイントはリズムですね。各『俺の風!』と『俺の風!』の間に休符が入って、裏拍が強調されている。細かい16分音符(『俺の風』の部分)を並べ、休符で止めることで“キメ”になり、よりリズミカルになっています。下手に音程を変えず、同じ音程で進むことで要素がシンプルになり、歌詞や曲が頭に入ってきやすくなっていますね」

 また、「稼げる男に俺はなる」の部分ではバニラ同様、単純に終わらせることで、細かい16分音符との緩急がしっかりとつけられているという。

「音程をほぼ変えない16分音符で畳み掛け、単調に終わらせるという曲の作りは、GLAYの『誘惑』に通ずるところがあります。そうすることによって、ロックっぽさが出て、より漢(オトコ)感が演出されますからね。あとは最初の『おれ〜のかぜ〜』と『高〜収〜入〜』の音符の動きが似ているのもポイント。『ミファミレミ』と『ドレドシド』と、ここにメロディの互換性があることで、曲はよりキャッチーに聞こえやすくなっているんです」

「俺の風」は昨年から首都圏で目撃情報が増えているため、「バニラ」に比べると歴史は浅い。しかし、短期間のうちに着々と“中毒者”を増やしているため、業界の覇者「バニラ」も戦々恐々としているに違いない。

「楽しく稼ぎたい」「這い上がってやる」の違い

 夜の繁華街で音色を奏でる「バニラ」と「俺の夜」だが、両者にはこんな違いもある。

「メジャーキーの『バニラ』は明るい曲調のため、『人生ハッピーに楽しく稼ごう♪』という印象を与え、一方の『俺の風』はマイナーキーで少し暗めなので『このどん底から稼いで這い上がってやる!』という印象を与えるのだと思います。どちらも広告の真意を言い得て妙といった感じですね」

 もっとも、世の中にはまだまだ耳に残ってしまう宣伝曲がごまんとある。最後に近谷氏は、このような名曲を腐らせることなく、どんどんアレンジして使う面白さがあると語る。

「中田ヤスタカさんが『バニラ』をリミックスしたり、BiSHが『キリンレモン』のCMフレーズを使って歌ったりもしていますが、このように宣伝曲にアレンジを加えて新たな表現に昇華させていくことで、もともとの用途を超え、“音楽作品”として楽しめるようになることも面白さだと思います。そういう意味では、音楽の趣味嗜好も細分化された現代で、『バニラ』は多くの人が知る貴重な音楽の一つとも言えるかもしれないです」

 なんとなしに聞き流している、こうした宣伝曲。そこには新たな芸術の可能性が秘められているのかもしれない。

取材・文/沼澤典史(清談社)

週刊新潮WEB取材班編集

2019年6月26日 掲載