ボランティア男性が休酒解禁する日は 「仮設住宅なくなるまで」

ざっくり言うと

  • 8月に山口県で行方不明の2歳児を救出し、注目を浴びたボランティアの男性
  • 東日本大震災の際には発生から2週間後に現地入りし、のべ500日にわたり活動
  • 惨状を見た瞬間に休酒を決意し、仮設住宅がなくなる日まで続けるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x