ロシアW杯で活躍する日本の笛 5割強の試合で使用される

ざっくり言うと

  • ロシアW杯の主審が吹く笛には日本製のものが活躍している
  • 広島市のスポーツ用品メーカー「モルテン」が開発した笛「バルキーン」
  • 6月28日朝までの44試合のうち5割強の試合で主審が使用したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x