ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

写真拡大

今季プレーオフは登板3戦で打者9人を全員凡退

 ドジャース前田健太投手が14日(日本時間15日)、本拠地で行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦で1回を無安打無失点の完璧救援で、今季ポストシーズン(PS)2勝目を飾った。わずか5球で打者3人を退けた日本人右腕の完璧投球に、地元番記者は「5球で3アウトだぞ。5球で!」「私なら続投だ」と称賛の声を送っている。カブスに先制点を許したドジャースだが、テイラーとプイグのソロ弾などで5-2と逆転勝利。1988年以来のリーグ優勝へ、初戦をモノにした。

 超満員のドジャースタジアムに大歓声が鳴り響いた。2-2と同点に追いついた直後の6回1死走者なしの場面で、前田が出番を迎えた。

 まずは強打を誇るコントレラスを初球で遊ゴロとすると、続くアルモラJr.は3球目で三塁ゴロに打ち取った。6回裏にテイラーのソロ弾で勝ち越すと、7回も続投した前田は先頭ラッセルを初球で左飛。わずか5球で右の強打者トリオをなで斬りにし、左打ちのシュワーバーから4番手モローにマウンドを譲った。

 前田はポストシーズンからリリーフに配置転換となった。目覚ましい活躍で、地元メディアから「真の武器に」と称されるなど、今季41セーブの最強守護神ジャンセンにつなぐ、盤石の勝利の方程式に加わった。

指揮官の信頼寄せる“右キラー”、「5球で3アウトを記録。5球だぞ」

 ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦では、わずか9球で3者凡退として勝利投手に。第3戦では12球で打者3人を退けた。そして、この日はたったの5球。昨季のワールドシリーズ王者を抑え込み、勝利への流れを呼び込んだ「MAEDA」を、地元記者も賞賛している。

 米スポーツ専門局「ESPN」のレポーター、ペドロ・ゴメス氏はツイッターで「ケンタ・マエダはリリーフとして5球で3アウトを記録。5球だぞ」と、完璧投球の衝撃を露わにしていた。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のヒューストン・ミッチェル記者は、試合速報で「アディンソン・ラッセルは初球でレフトフライに。左打ちのカイル・シュワーバーを迎えたところで、デーブ・ロバーツはケンタ・マエダをブランドン・モローと交代した。私ならマエダにこだわるところだ。私は最優秀監督ではないが」と報じ、わずか5球での降板を惜しんでいる。

 一方、ESPNのブラッドフォード・ドゥーリトル記者は「誕生ホヤホヤのリリーフ」前田の5球完璧登板をツイッターでリポートし、「新たな役割でマエダはまたしても輝ける登板となった」と伝えている。

 前田はレギュラーシーズンで対右打者は被打率.214と圧倒する一方、左打者には被打率.263と不得手とする傾向にあった。今年のプレーオフでは3試合で打者9人を4三振を含む全員凡退に仕留めているが、うち右打者が8人。ロバーツ監督が「右打者キラー」と名付けた実力を発揮している。

 ポストシーズンで無敵のリリーバーに変貌した前田に、米メディアも高い評価を送っている。(Full-Count編集部)