W杯カタール大会の決勝トーナメント1回戦、日本代表がクロアチア代表と対戦。1−1で延長戦に突入も勝負は決まらず、PK戦を1−3で敗北。悲願であった史上初のW杯ベスト8進出はならなかった。