15日放送のTBSラジオ「志村けんの夜の虫」で、金ダライ(金属製のタライ)を使うコントやバラエティ番組について志村けんが苦言を呈した。

志村は番組中、リスナーから、金ダライを使用したときの痛さや怪我をしないテクニックについて質問されたことをきっかけに、「俺達は全員集合(8時だョ!全員集合)のときからずっとやってるけど」と、自身の哲学を語り始めた。

まず、志村は金ダライを使う際、必ず落とす高さを考えた上で使っているのだという。また、生身の頭に金ダライを落とすことはなく、薄い金属が入ったカツラを被っているときのみだとも語った。つまり、怪我をしないための対策をしたうえで使用していたのだ。

TBSアナウンサーの枡田絵理奈が「すごい痛そうに見えるんですけど?」と訊くと、志村は「(視聴者は志村の)リアクションで笑うわけだから痛く芝居をする」「このタイミングで落ちるって稽古もやってるし、高さもそんな高くないから」と、実際はさほど痛くはないと説明をした。

さらに、志村が「全員集合」をやっていたころは柔らかい金ダライを用意していたのだという。志村は「今のタライは固いから。ガンガンやってんじゃない。危ないよあれ。高いスタジオでさ。危ないと思うよ」と、最近のお笑い芸人たちに注意を促した。

また、志村は最近のコントにおける金ダライの使いかたがストーリー性を欠いていることにも苦言をを呈した。「俺達は順番があって、20分のコントの中でだんだんエスカレートしていくのに。今はいきなり金ダライだろ?バカじゃねぇかって思っちゃうよな。真似すんのもいいかげんにしろっていうんだよ」と、金ダライを落とすという表面的なところだけが残っていることを叱咤した。

「アイーン」「変なおじさん」「バカ殿」など様々な芸をもつ志村だが「ギャグ」へのこだわりは人一倍強い。そんな志村だからこそ、自身が生み出した金ダライ芸が、落とすだけで終わってしまっていることに怒りを覚えるのだろう。

【関連記事】
志村けんがTHE MANZAI 2013王者・ウーマンラッシュアワーに厳しい評価 「何言ってるか分からない」「大人は絶対笑わないよ」
志村けん、バラエティ番組ばかりに出る俳優に「どうかと思うんだけどな」
志村けん、ギャグについてナイナイ岡村に助言「テレビ局の言ってることをやってないで、自分でコントをやれ」