DDTでは、22日から26日まで、所属選手の契約更改が行われており、交渉2日目となる23日には5名が実施。MIKAMI、柿本大地、HARASHIMAの3名が契約更改、男色ディーノ、中澤マイケルの2名が保留をした。

各選手のコメントは下記の通り。

MIKAMI:更改
「DDT旗上げメンバーとしてやってきて、これからもDDTでやっていくつもりなので席についてすぐに一発サインした。契約というよりも社長とは今後の展開について話し合った。今年は飛躍の年にしたい」

柿本大地:更改
「ある条件を満たせなかったので、査定としては低いものとなりましたが納得はできたのでとりあえず誓約書にサインしてみました。誓約書に書かれてある漢字が20単語くらい読めませんでしたので後で読み直してみたいと思います」

男色ディーノ:保留
ディーノ「サインはしなかったわ。DDTの選手はあらかた喰らい尽くしたので、若くてかっこよくて大きくて固い人材の登用を会社に求めたが、折り合いがつかなかった。新しい出会いを求めて今回は保留」

高木「ディーノとは3時間に渡って話し合ったが、彼の要求する選手を呼ぶことで、その団体との交流が断絶する可能性が極めて高いため保留しました。明日また話し合います」

HARASHIMA:更改
「他団体の選手と積極的に対戦させてほしいと会社に要求した。それに対して場を作ると言われたので更改しました。条件面は全く問題なかった、鍛えているから大丈夫だ」

中澤マイケル(交渉二回目):保留
「交渉中、社長の携帯電話が鳴ったので『不謹慎だ』と注意し、席を立とうとしたら『じゃあ、契約は無い方向で』と言われ、必死で保留にまで持ち込みました。危ないところでした。明日またきます」