レンタル彼氏、女性専用性感マッサージ、出張ホスト。いまや珍しいものではなくなった“女性向けサービス”の体験を通して「女らしさ」「男らしさ」を考え直す……。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

「女性専門の生活カウンセラー」として17年間、5000名以上と接してきた鈴木セイ子氏は、そのような取り組みを1冊の本『男を買ってみた。 癒やしのメソッド』(駒草出版)にまとめた。ここでは同書の一部を抜粋し、ワタルという男性から女性専用性感マッサージを受けた際のエピソ―ドを紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

驚きの気遣い

「あ、それからね、ななさん、アロマ好き?」

 そう言うと、ワタルはまたバッグから何かを取り出した。

 なんと、簡易性のアロマ加湿器だ! 女子力高い! 君のバッグは本当に何次元なんだ!?

「ホテルって乾燥するでしょ。女性はデリケートだから。お肌大事だよ」

 と言いながら加湿器に水とアロマを入れ、焚いてくれた。

 乾燥していた部屋がゆっくりとラベンダーのいい香りに包まれていく……。

 抜かりないサービスに、激しく感動した。しかも、アロマのいい香りでなんとなくいい感じのムードにもなりそうだ。

「セラピストの皆さん、こんなことまでしてくれるのって普通なの?」

「どうだろう。でもセラピストそれぞれに何か工夫はしてるんじゃないかな」

「へー。すごいね。逆の立場でデリヘル嬢はここまではしてくれなさそうだよね。やっぱり女性相手のお仕事となるとサービスがすごいんだねぇ」

「そうね。確かに男性向けのサービスとは違うかもしれないね。ところで、マッサージはどうする? パウダーマッサージとか、アロママッサージもできるけど」

「パウダーマッサージって何!? 粉でマッサージするの? 餃子の皮みたいに粉まみれになるの?」

「あははは! そうはならないよ! ベビーパウダーでマッサージするんだけど、“サワサワ〜”って指先で触られると感じる人いるでしょ。その“サワサワ〜”感がより強調される感じ。アロマオイルのマッサージもできるよ」

「へ〜。餃子の皮みたいにこねられるわけではないのね(苦笑)。パウダーはくすぐったそうだから、アロマがいいかな。普段から好きでよく行くし」


©iStock.com

「へ〜そうなのね。ななさんは普通のエステよりアロマトリートメントの方が好き?」

 こんな会話から、お互いのなんとなくな日常の話が弾む。

仕事を始めたきっかけ

 私は、小さなテーブルを挟んでワタルの正面に座っていた。緊張していたので、このテーブルがちょうどよい距離感をつくってくれていた。

 スパークリングワインでほどほどに酔いが回り、途中からどんな話をしたのか具体的には思い出せないけれど、ワタルは普段は都心の大手企業勤務の営業マンで、バリバリの働き者。

この仕事を始めたのはお金のためではなく、自身、離婚を経験し傷心したことがきっかけで自分の心の隙間を埋めるかのように始めたと語っていた。

 サービスを利用する方も、される方も、やはり人。いろいろな人生がそこにはあるものだ。

 ほどなく、ワタルがテーブル越しに私の手を握った。

ドキドキの時間

「ななさん、ハグしてもいい?」

「へっ!? う、うん。大丈夫だよ」

 若干うわずった声で返事をした。

 ワタルは私の手を握ったまま、立ち上がってテーブルの脇から私の方へ近づいた。

 私を立ち上がらせ、分厚い胸板に私の顔を埋めるように大きな手で優しく包んでくれ、私もそれに応えるようにワタルの背中に手をまわした。

「シャワーはどうする? 一緒に入る? 一人がいい?」

「うーん。せっかくだから一緒に入ろうか」

 人とは不思議なもので、ついさっきまでテーブルの距離がちょうどいいと思っていたくせに、一度パーソナルスペースに入ってしまうと、あっという間に親近感をもち、平気になってしまうのだ。

「じゃ、シャワーの準備してくるね。お湯、熱めがいい? ぬるめ?」

「寒いからね、少し熱めがいいかな」

 そんなことまで聞いてくれるのかとまた感心した。

私のために……

 ワタルは“私のために”冷たいシャワーにならないように浴室を温めてくれている。

 そういう健気な姿を見るだけでも女性は感動するだろうなと思った。日常生活で、多くの男性はし得ないようなことだ。

「お風呂温まるまでハグしてよ。キスはしても大丈夫?」

「うん」

 シャワーの音が鳴り響く中、数分間抱き合いながらキスをした。

 シャワールームも温まる頃、ニットのボタンを一つ一つ器用に外し、洋服を一枚一枚丁寧に脱がせてくれる。

 私の服を一枚脱がせ、ワタルも脱ぐ。また一枚脱がせ、ワタルも脱ぐを繰り返し、お互い裸になった。

 先にワタルがシャワールームへ入り、私に手を差し伸べ浴室へ誘導してくれ、シャワーを当てて温めてくれた。

 私はワタルに背中を向け、鏡の前に立った。

 ワタルは自分の両手にボディーソープをたらし、「寒くない?」と気遣ってくれながら両手で包むように私の背中、首、腕、腰、胸、お腹、脚と順番に優しく洗ってくれた。

 ボディーソープの泡を洗い流している途中、ワタルはシャワーのノズルを私に渡し、先に出てしまった。

 ワタルは、私がシャワールームから出ようという時に、ちゃんとバスマットを敷き、両手にバスタオルを広げて待っていた。

「あははは。なんか恥ずかしいね(笑)。子どもにでもなった気分だよ」

「そう? ななさんのために、全部してあげたいよ」

 バスルームを出ると、さっき脱ぎ捨てた洋服がきちんと綺麗に畳んである。もうすでに十分すぎるサービスだ。気の利き方が半端ではない。

「普段女性がして当たり前、女性がするべき仕事」と思い込まされていることを、綺麗な顔をした男性がさらっとやってのけるとこんなにも感動するものかと思った。

 主婦の方ならなおさら、普段自分がしているようなことを、こうやって男性がしてくれたら感激するに違いない。

 これは口コミでも多く目にしたコメントの一つだ。いまだに暗黙の了解で“家事育児は女の仕事”という世の中、こんなことで感動してしまうなんて、今まで、男に尽くされるという経験をしてきた女性は全体の何パーセントいるだろうか。

 無意識の中に「“尽くす”というのも女の仕事」という洗脳があったことに、はっと気がついた。

アフターフォローもすごかった

 私は火照った顔でチェックアウトを済ませ、家路へついた。

 帰り道の脳内ミュージックは、ドビュッシーの『月の光』だった。

 真冬の17時過ぎは、もうすぐ夜という時間帯で、空に浮かぶ満月が妙に青白く感じた。

 さっきまでの出来事が、夢の中でのことのようだ。頭が少しぼーっとして、ゆっくりしか歩けない。

 ようやく電車に乗り込み、電車に揺られていた頃、またショートメールに3つメッセージのマークが付いていた。

ワタル 〈ななさんに出逢えて本当によかった。素敵すぎるから、ななさんに釣り合えるように男を磨いていく!〉

 とことん細部まで行き届いたケアに、もはや感動するしかなかった。

 今回、私が一番感動したのは、脱ぎ捨てた相手の服を畳むとか、女性が普段“するべきこと”と教え込まれてきたようなことをスマートにこなす所作だ。

 もちろん性感も気持ちよくてよかったけれど、「このサービスのよいところは何?」と聞かれたら真っ先に、「今目の前にいる“私のために”優しい言葉をくれて、一生懸命気遣いをしてくれること」と答えるだろう。

 そしてなによりも、彼らは「トキメく自分と出会える時間」を提供してくれるのだ。

 日頃ストレスにさらされ、どうしても誰かに慰めてほしい……なんて時に、こういったサービスを利用する女性は意外に多いだろう。

 更には、性感マッサージにおいても、女性がセックスの中で一番重んじる“前戯”を100パーセントで応えてくれる。

メンタリティのケア

 パートナーのいる方で、普段淡泊な前戯に不満を抱いているという方は、きっと満足するに違いない。“身体のケア”から、傷ついた心を優しく慰めてくれ、更には、ドキドキさせてくれるという、カウンセリングとはまた違ったメンタリティのケアまで行き届いている。

 彼らは、“セラピスト”と名乗るだけのことはある仕事をしてくれる。

 ちなみにワタルはその後も、

ワタル 〈毎日本当にお疲れ様(ハート) 俺はこれからシャワー浴びるところだけど、ななさんはちゃんとお湯に浸かって疲れとってね(ハート)〉

 など、時々気遣いのメールをくれている。

【続きを読む】「どんな悩みを抱えている女性が多いように感じますか?」女性専用性感セラピストが語る“意外な答え”

「どんな悩みを抱えている女性が多いように感じますか?」女性専用性感セラピストが語る“意外な答え” へ続く

(鈴木 セイ子)