食べる前には店備え付けの消毒液を使い、食後は家族全員しっかりとマスクをつけ帰宅。コロナ対策も万全だ

写真拡大

食べる前には店備え付けの消毒液を使い、食後は家族全員しっかりとマスクをつけ帰宅。コロナ対策も万全だ

 6月末のとある平日の夜。都心部にある商業施設のフードコートに、夕食のために訪れた4人家族の姿があった。

 父親はテレビ朝日『報道ステーション』のメインキャスター・富川悠太アナ(43)だ。番組でのスーツ姿とは打って変わって、半袖に短パン、赤いスニーカーと、いかにも休日のお父さんというスタイルで家族団欒(だんらん)のひとときを過ごしていた。 

 富川アナといえば、コロナ療養中の5月に妻から息子達へのDV疑惑が報じられた。富川アナも家に居場所がないとする報道もあったが、そんな心配は杞憂だったようだ。

「4人で揃(そろ)って『はなまるうどん』を食べていましたね。富川アナは時々、電話の対応で席を外すことはありましたが、戻ってくると積極的に家族の会話に参加していました。雰囲気は終始和(なご)やかで、皆、本当に楽しそうでしたよ」(居合わせた客)

 息子のTシャツの背面にはバドミントンクラブの文字。趣味がバドミントンと語る富川アナは、熱心に息子に話しかけている。アドバイスでもしているのだろうか、表情は少し真剣だ。息子もじっと耳を傾けている様子。家庭ではきっと良き父親なのであろう。

 一連の騒動によって10月の番組改編で『報道ステーション』のメインキャスターを降板するのではないかと噂されている富川アナ。プライベートの充実を支えに、仕切り直して仕事で結果を残すことができるか。

<真夏の芸能ワイド カメラがとらえた「意外な素顔」>

“TV業界の戦力外通告”石橋貴明&清原和博 復活の「男気メシ」

【ジャニー喜多川氏一周忌】櫻井翔が焼香後、喪服のまま訪れた先は?

宮迫博之が語った【闇営業からの1年】「テレビに復帰したい」

『報道ステーション』富川悠太アナ フードコートで家族サービス中

堺雅人が国民待望のドラマ『半沢直樹』撮影現場で見せた「役者魂

フジテレビの命運を握る坂上忍が番組出演直後に向かった場所

『オードリー』春日俊彰 マスクをつけたまま「お一人様」トンカツ