©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

3月25日(水)の『徹子の部屋』には、俳優・平泉成が妻・里香さんと登場する。

©テレビ朝日

2人は結婚40年。出会った当時、13歳年下の里香さんはまだ20歳の大学生だった。

平泉さんは一目ぼれしてすぐに結婚を前提にした交際をしたいと思っていたが、妻は犯人役を演じる「怖いおじさん」と思って避けていた。

そんな妻の誤解を解くため、デートのときに白いシャツを着て清潔感をアピールしていたという。

©テレビ朝日

平泉の芸能界入りのきっかけは「大映ニューフェイス」と華々しかったが、映画界の斜陽とともに脇役にまわることも多くなった。そんなときに妻がかけた言葉で焦らず頑張ることができたという。