堀江貴文氏

写真拡大

 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が29日、ツイッターを更新し、雨上がり決死隊の宮迫博之がこの日開設したYouTube動画について「こんな評価低い動画初めて見た笑笑」と厳しい言葉をつぶやいた。

 宮迫はこの日、ブログとYouTubeチャンネルを開設し、昨年7月の会見以降、初の肉声を披露。関係者への謝罪、活動休止期間中に考えたことや、相方・蛍原徹への思い、YouTubeを復帰舞台に選んだ理由などを切々と語り、「批判の声も喜んで下さる方々の声もすべて受け止めていきます」など復帰の覚悟を語っていた。

 これにホリエモンは、全文を掲載したネット記事を添付し「こんな評価低い動画初めて見た笑笑」とバッサリ。宮迫のYouTubeチャンネルも、29日午後1時現在、いいねは1・1万件に対し、低く評価した人は1・7万件。ネットでは宮迫の復帰動画について「YouTubeをあまりなめない方がいいよ」など厳しい意見もあった。

 ホリエモンのこのツイートにも「もっと評価低い動画なんていっぱいあるよ」と宮迫を擁護する声や、「人気商売はつらい」と同情する声、「なんか、軽い」など批判の声の他、あえて宮迫の動画を取り上げたホリエモンに「優しいな」などの声も上がっていた。

 ホリエモンのツイッターフォロワーは29日午後12時現在、337万を超えており、取り上げることで多くの人の目に触れることにもつながる。