イー・ガーディアンが12月6日、「SNS流行語大賞2019」を発表した。

 ツールで集計した2019年1月1日から11月23日までの期間で最も多く投稿された“パワーワード”の1位は「平成最後の」で1000万件を超えた。続いては「NHKが制作した番組で最後に出てくるエンドロゴ」で、これは290万件を超える投稿があったという。3位は「手取り○○万」、4位は飲料水キャンペーン動画のセリフをもじった「オレの勝ち!なんで負けたか明日まで考えておいて」、5位は松本人志さんのTwitterでの投稿をもじった「○○は不安よな △△、動きます」となった。

 ほかには「バイトテロ」、じゃがりこのアレンジレシピの「じゃがアリゴ」、「タピオカチャレンジ」、「上級国民」などの言葉がノミネートされていた。

 イー・ガーディアンのSNS分析の担当者は今年の傾向を以下のように分析した。

「アニメやゲーム関連のワードも多い中、事件や社会現象などがユーモアも交えて独特な言い回しで発展・拡散される傾向があるようです。SNSの流行語は色々なシーンに使える汎用性の高いワードになる傾向があり、『手取り』についてなど、リアルではなかなか本音で語れない話題が増加したのもSNSならでは」
(AbemaTV/「けやきヒルズ」より)