昨年の大晦日に対戦した堀口恭司(右)とダリオン・コールドウェル【写真:Getty Images】

写真拡大

昨年大晦日以来の再戦へ、コールドウェル「ゲームプランは非常にシンプルだ」

 RIZIN初代バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)。14日(日本時間15日)に米国の総合格闘技団体ベラトール世界バンタム級タイトルマッチで王者ダリオン・コールドウェル(米国)と再戦する。13日(同14日)は前日計量が行われ、両者一発クリア。昨年大晦日のリベンジを誓うベラトール王者は「彼は今回の敗戦後に、少し休みたいと思うだろう」と絶大な自信を覗かせている。

 昨年、大晦日の対戦では堀口が3ラウンドにフロントチョークで勝利。半年ぶりの再戦となった今回は、舞台をケージに移し、今度はベラトールのベルトをかけて相まみえる。

 堀口は事前のインタビューで「一度勝っているので、もっともっと攻略して、KOを決めて勝ちたいですね」と必勝を宣言していたが、コールドウェルも気合は十分だ。

 米格闘技専門メディア「シャードッグ」によると、31歳のグラウンドのスペシャリストは「ゲームプランは非常にシンプルだ。自分のレンジ、ジャブやキックを使う。相手を倒したら、打ちのめす」と意気込んでいるという。

「彼は今回の敗戦後に自身を立て直すため、少し休みたいと思うだろう」

 さらに「(堀口は)立て続けに自分と戦いたくなるとは思わない。彼は今回の敗戦後に自身を立て直すため、少し休みたいと思うだろう」と自信満々の様子だ。

 178センチで身長では13センチ、リーチでは20センチ、堀口を上回るコールドウェル。日本の総合のエース、堀口にとって一度勝っているとはいえ、侮れない相手であることは間違いない。事実、英ブックメーカー「bet365」のオッズではコールドウェルの勝利が「1.62倍」に対して、堀口の勝利は「2.30倍」。ベラトール王者が有利の見立てだ。

 堀口は不利の下馬評を覆し、2冠王者となれるのか。注目の一戦はまもなくだ。(THE ANSWER編集部)