大迫傑が東京マラソンで棄権 高校時代の恩師「この経験を次に」

ざっくり言うと

  • 3日の東京マラソンで、日本記録保持者の大迫傑が約29キロ地点で棄権した
  • 序盤は、自身の持つ日本記録を超えるハイペースで飛ばしていた大迫
  • 高校時代に大迫を指導した恩師は「この経験を次に生かせばいい」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング