「ぎぼむす」のプロデューサーが明かす ヒットの起点は3話の場面

ざっくり言うと

  • 「義母と娘のブルース」のプロデューサーが作品に込めた思いなどを語った
  • 同作がヒットする起点となったのは3話の、運動会について話し合う場面
  • 主人公に対して期待を抱かせ、ドラマの方向性を明確にしたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x