中村は攻撃の要として機能するだけでなく、豊富な経験をチームに伝えた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 2017年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票によって年間MVPを決定する、恒例の「ベストプレーヤー企画」。ランキング形 式でトップ10の顔ぶれを発表しよう。
 
【選出概要】
J1の各クラブから5人ずつ、合計90人にアンケート を実施。2017年のベストプレーヤーを自クラブ以外か ら3人挙げてもらい、ランキングを形成した。ポイント 換算の内訳は1位=5pts、2位=3pts、3位=1pts。
 
■10位タイ 19pts.■
中村俊輔 (磐田/MF)
今季成績:30試合・5得点・8アシスト
本誌平均採点:6.23
 加入1年目の今季は2シャドーの一角や右サイドで存在感を発揮。瞬く間にチームの中心となった。対峙した清水の松原后が「あの年齢(39歳)であれだけ動けるのに驚いた」と言うように、豊富な運動量で守備にも精を出した。また、伝家の宝刀・プレースキックは健在で「どんなボールを蹴ってくるのかが予想できない」と大宮の加藤順大は脱帽する。
 
■10位タイ/19pts.■
エウシーニョ (川崎/DF)
今季成績:21試合・5得点・1アシスト
本誌平均採点:6.14
「攻撃のアクセントになっていた」(クリスティアーノ/柏)このブラジル人助っ人が、川崎の初タイトルに大きく貢献したのは誰の目にも明らかだ。同じサイドバックから多くの票が集まっているが、最も評価されているのはそのオフェンス能力。 C大阪の丸橋祐介が「強烈なシュートが印象的」と言うように、隙あらばゴールを狙うアグレッシブなスタイルで相手に脅威を与えた。29節の仙台戦の鮮烈ミドル弾なども記憶に新しい。

■9位/20pts.■
エドゥアルド・ネット (川崎/MF)
今季成績:31試合・1得点・1アシスト
今季本誌採点:6.05
「細かいパスワークとボールを運べる能力が高い」(藤田直之/神戸)と認められるのはプレーメーカーとしての働きだ。さらに新潟の磯村亮太が「ボール奪取力があって守備範囲が広い」と語るように、チーム1位のインターセプト数を誇るなどディフェンス面での貢献度も高かった。川崎の初優勝は、この男抜きで語れないと言ってもいいだろう。
■7位タイ/25pts■
井手口陽介 (G大阪/MF)
今季成績:30試合・4得点・7アシスト
本誌平均採点:6.02
 G大阪で定位置を掴んだ今季は、日本代表でも目覚ましい活躍を見せ、今やハリルジャパンのレギュラー候補のひとりだ。まさに 「今年一番飛躍した選手」(原川力/鳥栖) だろう。出足の鋭い守備に加え、攻撃力にも磨きをかけたのは「今季はパスも推進力も光った」(磯村亮太/新潟)との声からも明らか。攻守とも「常に高水準の出来だった」(山口蛍/C大阪) 。
 
■7位タイ/25pts.■
ソウザ (C大阪/MF)
今季成績:33試合・4得点・6アシスト
本誌平均採点:6.12
 ボール奪取力と推進力を持つボランチは今季、攻守のバランス感覚に磨きをかけた。守備を重視するユン・ジョンファン監督の下、中盤のフィルター役をこなしながら果敢に攻撃参加。川崎とのルヴァンカップ決勝では、試合終盤にチームの優勝を決定づけるゴールを奪って見えた。まさに「C大阪のキーマン」(渡部博文/神戸)だった。
 
■6位/38pts.■
中村憲剛(川崎/MF)
今季成績:32試合・6得点・11アシスト
今季本誌採点:6.23
 プロ15年目で初タイトルを勝ち取った記念すべきシーズンでは、アシスト王にも輝いた。横浜のマルティノスは 「ボールが渡れば必ずなにかが始まる」 と絶賛し、浦和の矢島慎也は「常に的確なポジション取りをしている」と羨望の眼差しを向ける。37歳の司令塔は衰えを微塵も感じさせず、ピッチでボールに猖睨〞をかけ続けた。