13歳になったベッカム次男のロメオくん、父親譲りのイケメンに成長してた!

写真拡大

ウェイン・ルーニーの代表通算50得点目も生まれたEURO2016予選のスイス戦。

この試合では試合前、あるエスコートキッズに注目が集まった。

キャプテンのルーニーの隣にいるのは、キッズと呼ぶには少し大きな少年。しかしその顔立ちは整っており、スターの風格を漂わせている。

実はこの少年、あのデイヴィッド・ベッカムの次男ロメオくんなのだ。

David Beckham gave son Romeo a decent present...
Posted by ITV Football on 2015年9月8日

ベッカム家の次男ロメオくんは2002年生まれの13歳。

以前からバーバーリーの広告でモデルを務めるなど将来有望なイケメンとして知られていたのだが、13歳になった現在ではそのカッコよさに磨きがかかっている感じである。

しかし、この試合はルーニーの記録更新がかかった注目の試合であった。にもかかわらずロメオくんはルーニーのエスコートキッズとしてウェンブリーのピッチに立つという英国中の少年たちが羨む経験をしたわけだが、なぜこんなことが実現したのだろうか?

実はこのロメオくん、今月1日に13歳の誕生日を迎えており、父親であるデイヴィッドからの誕生日プレゼントとして、今回このような形でエスコートキッズとしての参加が実現したようだ。

ベッカムは英国『ITV』に対して、「ロメオは今夜マスコットキッズになることができ、とても幸運だ。彼にとってはラッキーなことだが、私は今でもFAといくつかのコネがある。彼はとても興奮していたよ」とコメントしたている。

代表チームのキャプテンと一緒にウェンブリーで国歌を歌うのは、さぞかし感慨深かったことだろう。ロメオくんは自身のInstagramアカウントで「英国人であることを誇りに思う」とコメントし、この写真を投稿している。それにしても、見事なまでに男前である。

しかし、ベッカムのこうしたプレゼントは一部の人にしか許されないある種の“特権”である。

そういう事情もあってか、一列に並んだ際の写真を見てみると…

ロメオくん以外のエスコートキッズはかなり小さめであることが分かる。幼稚園から小学校の低学年くらいだろうか。

誕生日自体はおめでたいものなのだが、さすがに年齢が離れすぎているような気がしないでもない…。