◇セCSファーストステージ第1戦DeNA7―8阪神(2019年10月5日横浜)2位のDeNAは3位・阪神に6点差をひっくり返され、“下克上”王手をかけられた。守護神・山崎を使うことなく敗れた手痛い1敗。だが、ラミレス監督は自身の采配に「後悔することはない」と言い切り、前を向いた。右手小指打撲から復帰して今年初の3番に入った筒香が初回の先制3ランを含む4打点と活躍。1番に入った神里が4安打と途中まではラミレス監