シーズンも終盤戦に入ろうとしている中で、来シーズンのベンチ構想に着手し始めているバルセロナ。チャンピオンズリーグもリーガも獲れなかったら、ベンチの一掃を図るつもりであるようだ。ベギリスタインTDの放出リストには、今シーズンで契約が切れる5選手と売りに出される可能性のある6選手がリストアップされており、最大で11選手がバルサから出て行く可能性がでてきた。この11選手で1チームが作れてしまう面々だ。

 今シーズンいっぱいで契約が切れるGKピント、DFシウビーニョ、テュラム、MFエジミウソン、FWエスケーロには今のところ契約更新の話も出ていない。他のクラブへ移籍するのは確実といったところだ。この5選手の中で契約延長の可能性があるのはシウビーニョで、アビダルのバックアッパーとして1年延長することもあり得そうだが。

 そして売りに出される可能性があるのは、DFザンブロッタ、オレゲール、MFデコ、グジョンセン、FWロナウジーニョ、ジオバニの6選手。ミラン行きが濃厚とされるザンブロッタ、ミランやチェルシーが関心を示すロナウジーニョ、今シーズンもタイトルを獲れなければ出ていくと明言しているデコなど移籍の噂が取り沙汰されている中、現段階では具体的なオファーは届いていないものの、条件次第ではクラブ側も売り時と見ていると考えられる。

 意外なところでは18歳のジオバニが入っていることだろう。トップチームに昇格し、これからのバルサを担っていく選手の一人と目されているが、クラブ側は疑問を持ち始めているという。数ヶ月前から始めている契約更新の交渉が進まず、未だまとまっていないものネックとなっている。もちろん、すぐに売らなければならない選手ではなく、いいオファーが届けば検討するというレベルだ。

 また、バルサの指揮を執るライカールト監督も例外ではない。ラポルタ会長は、ライカールト監督の続投を支持する声明を出しているものの、今シーズンも無冠に終わった場合、状況は一変し、続投は難しい。

 いずれにしても、バルサがチャンピオンズリーグ、リーガ、スペイン国王杯のいずれかを獲った場合も、無冠に終わった場合も、何人かの選手がチームを離れることは確かなようだ。

(スペイン通信) ・[選手名鑑]ロナウジーニョデコグジョンセンザンブロッタドス・サントス - 選手を評価しよう!