<2000年代のDJTK>「DJTK×メイリッシュ」コラボイベントのチラシ(2007年開催)。原寸はハガキ大の大きさです。この斜め上をいくDJTKの決断をどう評価するかはあなた次第。

写真拡大 (全8枚)

秋葉原の老舗メイド喫茶を“小室哲哉がプロデュース”する、という話を聞いたので早速行ってきました。ろくに下調べもせずに行ったので、想像していたものとは大分違っていましたが、まあまあ面白かったです。帰宅後に調べてみると、このイベントはDJTK(小室哲哉氏のDJネーム)の呼びかけで選出されたファンによるプロモーション活動の一環だったようです。小室氏が直接プロデュースしたわけではなかったようですが、少なくともイベントのGOサインを出したことは間違いありません。

「小室哲哉」+「メイド喫茶」と聞いたら、脊髄反射的に「小室哲哉がメイド喫茶をプロデュース?」と想像されるのは致し方がないというところもあって、店内にはどう楽しんだらいいのか、明らかに戸惑っているお客さんも見かけました。勘違いした人は案外多かったような気がします。開催前は結構ニュースサイトで話題になってましたが、実際にどんな感じだったのかというレポートは今のところほとんど見かけませんので、今回はその辺を書いていきたいと思います。

■「DJTK×メイリッシュ」コラボイベント
開催期間:2007年11月8日(木)〜11日(日)
開催場所:秋葉原「カフェメイリッシュ」

小室哲哉とメイド喫茶の融合とはなんぞや? という、答えの見えない禅問答のような問いかけを解決すべく、秋葉原「カフェメイリッシュ」へ出撃&到着。微妙に発生していた行列に30分ほど並んで入店完了! 近未来のイメージで製作されたという、シルバーメタリック(?)なメイドさんの衣装は非常にグッジョブであります! イベント用の特別メニューもあったので、早速注文してみました。売り切れのものもありましたが、メニューに書かれていた内容は以下の通りです。

メイド喫茶「カフェメイリッシュ」店舗前はこんな感じ。地面に長い行列をアシストするための矢印が確認できます。

★「洋風アボガドギュウドン」(¥1260)※ラミカ一枚付き
<解説> DJTK(小室哲哉)の好物リストにある「牛丼」をメイリッシュ風にアレンジしたもの。ラミカ(ラミネートカード)の写真は、DJTK仕様のメイドさんです。注文してみると器が丼ではなく、お皿であることにまずビックリ。そのお皿に盛られたライスの周りには、キャベツの千切りがぐるりと置かれ、中心に牛丼の具を盛りつけ。さらにその具の上にアボガドのペーストが乗せられていました。見た目は完全に洋風料理です。ソースはトマト風味で、分量はおそらく吉野屋あたりの並盛り程度。まずくはなかったんですが、ダシが足りないというか薄味だったので、正直ちょっと物足りませんでした。

★「Get Wild」(¥840)※DJTKバッチ付き
<解説> メニューには「甘酸っぱいスパークリングのノンアルコールカクテル」と明記。オマケでDJTKバッチが付いてきました。見た目の色はパープル。味はファンタグレープを薄めたような感じで微妙……。どこらへんが「Get Wild」なのかは全く分かりませんでした。

★「EZ DO DANCE」(¥840)※DJTKバッチ付き
<解説> 色鮮やかなオレンジ色のスパークリング・ノンアルコールカクテル。これがとにかく甘い、甘すぎです。なんというか、人工甘味料ギンギンといった感じで、よっぽどこっちの方が「Get Wild」を体現してるような気がしました。酸味もかなりキツイので、一気飲みとかは無理っぽいです。インパクトはありましたが、喫茶店のドリンクとしては凶暴すぎかと。

入店時には売り切れていたのですが、他には
★「キャラメルハニーパンケーキ」(¥892)※ラミカ一枚付き
★「survival dAnce」(¥840)※DJTKバッチ付き
<解説> 紅茶フレーバーのノンアルコールカクテルだった模様。
などもありました。