1月14日スタートのサスペンスドラマ「大病院占拠」(日テレ系)で櫻井翔と同期の警察官を演じるソニン(39)。会見では「専門用語を叩きこむために、スタジオを借りてお稽古しています」と意気込みを語った。

【画像】ソニンの“裸エプロン姿”が話題になった「カレーライスの女」のポスター

「昨年は4本のドラマに出演。ベトナム人技能実習生やIT系キャリアウーマンなど、幅の広い演技力を見せました」(放送記者)


肉、魚などを一切食べないヴィーガンとして知られる ©文藝春秋

 在日韓国人三世として高知で生まれたソニン。高校時代にSPEEDのライブに感動し、16歳で「モーニング娘。」のオーディションに応募。落選するもスカウトされ、2000年に後藤真希の弟・ユウキと組んだユニット「EE JUMP」でデビューを果たす。

「ヒット曲が出た矢先、ユウキが地方回り中に失踪して謹慎処分に。半年間、ソニンが一人で頑張った後に再始動するも、今度はユウキの未成年飲酒が発覚。CMやアルバムもお蔵入りとなり、1年半でユニットは“崩壊”した」(同前)

 悲しさと悔しさで「毎日涙と鼻血が出ていた」というソニン。02年にソロデビューした曲「カレーライスの女」はCDジャケットの“裸エプロン姿”が話題を集めたが、「窮地に立っていたので抵抗する選択肢はなかった」という。

話題となった“裸エプロン”

「本人曰く『裸エプロンのおかげ』で脚本家の野島伸司からドラマ『高校教師』のオファーが舞い込み、ホストにのめり込んで凌辱される女子高生という苛酷な役を熱演した」(芸能記者)

期待された写真集は大不評。しかしその後…

 バラエティで高知から韓国までマラソンするなど、身体を張った仕事をこなしつつ、グラビア活動も展開。

「実は推定Eカップでグラドル顔負けのプロポーションの持ち主。しかしブレイクできなかった」(同前)

 いったい何故か。

「アート系の写真ばかりで、特に楽屋裏や私生活に密着し、期待されていた04年の写真集『月刊ソニン』(新潮社)は『レイアウトに凝りすぎて表情が分からない』『久々の駄作』と大不評。彼女の魅力が活かしきれなかったのです」(同前)

 20代半ばからは舞台に活路を求め、08年に「ミス・サイゴン」のヒロイン役に抜擢。「舞台の上で死んでもいい」と思えるほどミュージカルに魅了され、12年から1年半、ニューヨークに留学。以降は菊田一夫演劇賞を受賞するなど舞台女優として大成する。

 18年には海外案件に強い芸能事務所アミューズに移籍。昨年からドラマにも積極的に出演するように。

「本人は『今はまだ仕事が人生の伴侶』と独身を貫き、女優業に邁進。韓国語、英語も堪能なので、韓流ドラマで世界進出する日も近そうです」(前出・放送記者)

 卯年にソニンが跳ねる!

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2023年1月26日号)