30年前に凍結された受精卵から双子が誕生した/Ridgeway Family

(CNN)1992年に凍結された受精卵(胚)から先月、双子の赤ちゃんが誕生した。解凍後に無事出産に至った受精卵の保存期間としては、世界最長記録とみられる。

双子のリディアちゃんとティモシーちゃんは先月31日、米オレゴン州ポートランド郊外に住むフィリップ・リッジウエーさんと妻レイチェルさんの子どもとして生まれた。

これまでは、27年間近く凍結されていた受精卵から2020年に生まれたモリー・ギブソンちゃんが最長記録だった。その前はモリーちゃんの姉、エマちゃんが24年間の凍結期間を経て誕生したのが最長だった。

米疾病対策センター(CDC)は生殖医療の成功率やデータを追跡しているが、受精卵の凍結期間については記録がない。とはいえ、これ以上長く凍結されていた受精卵から赤ちゃんが生まれた例は確認されていない。

フィリップさんは自宅でレイチェルさんとともに赤ちゃんを抱きながら「この2人が神様から命を授かった時、私自身はまだ5歳だった。うちの子たちの中で一番下なのに、ある意味では一番年上の子たちだ」と語った。

夫妻にはすでに8歳、6歳、3歳と2歳前の子どもたちがいる。上の子たちの時に体外受精や卵子提供を受けた経験はなかった。

双子の受精卵を提供したのは匿名の夫婦。夫は50代初めで、34歳の女性ドナーの卵子を使った体外受精だった。

体外受精で使われずに残った受精卵5個が92年4月22日に凍結され、零下200度近い液体窒素のタンクに入っていた。07年までは西海岸の不妊治療クリニックで保管されていたが、両親がテネシー州のNPO、国立受精卵提供センター(NEDC)への寄付を決めたため、そちらへ移されていた。

NEDCは提供を受ける側について、結婚してから3年以上続いている遺伝的男女のカップルであることを条件としている。提供された受精卵で誕生した赤ちゃんは1260人を超える。

リッジウエー夫妻は当時「一番長く待たされている受精卵」を希望し、あとは運を天に任せたという。

受精卵は2月28日に解凍されたが、5個のうち2個は使えなかった。受精卵が解凍後も生き残る確率は80%前後とされる。

担当医は残る受精卵3個のうち、2個だけをレイチェルさんの子宮に移植するよう勧めたが、レイチェルさんの強い希望により、3月2日に3個すべてが移植された。凍結保存後に移植した受精卵から赤ちゃんが無事生まれる確率は25〜40%とされ、この時に成功した2個から成長したのがリディアちゃん、ティモシーちゃんだった。

専門家らによると、凍結中の受精卵では生物学的なプロセスがほぼ停止しているため、凍結期間の長さが子どもの健康状態に影響することはないと考えられる。

出生時の体重はリディアちゃんが約2600グラム、ティモシーちゃんが約2900グラムだった。十分な発育で無事誕生にこぎ着けたのは神様のおかげだと、レイチェルさんは話している。