フィギュアスケート、男子SPで8位と出遅れた羽生結弦【写真:AP】

写真拡大

北京五輪フィギュアスケート男子SP

 北京五輪は8日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)は95.15点の8位と出遅れた。初出場の18歳・鍵山優真が自己ベストを更新する108.12点で2位。日本勢最上位となった。同じく自己ベストを更新した宇野昌磨は3位と好位置。1位は世界選手権3連覇のネイサン・チェン(米国)が立った。

 青の衣装に身を包んだ羽生は、冒頭の4回転サルコーが1回転に抜ける波乱の幕開け。しかし、4回転トウループ―3回転トウループは綺麗に決めた。続く得意の3回転アクセルも完璧に着氷。以降のステップ、スピンなどは羽生らしい完成度の高さを見せた。演技後は滑ったリンクに触れ、拍手を送る観客席に深々と頭を下げた。

 インタビューでは「もうしょうがないなって感じです。自分の中でミスはなかったなって思っている。皆さんよりも一番僕がフワフワしてると思う。なんかちょっと嫌われたなと思っています」と苦笑い。こう続けた。

「(冒頭の4回転サルコーは)踏み切り直前に確認しながらいったけど、自分の穴というより他の人の穴に『カコッ!』ってハマった。いったなって思って跳びにいったけど、頭が(体を)防衛してしまった。正直演技が終わるまでは全然気持ちが切れていない。全体的には良い演技。コンディションはかなりいい。不運もあったけど氷との相性はいい。しっかり決め切りたい」

 4回転アクセル挑戦も注目されるフリーは、10日に行われる。

(THE ANSWER編集部)