新海誠監督の最新作『天気の子』が公開から34日間で観客動員750万人、興行収入100億円を突破した。

前作『君の名は。』(2016年)から3年ぶりとなる、大ヒット公開中の新海誠監督最新作。7月19日(金)に全国359館448スクリーンで公開され、運命に立ち向かう少年少女の姿、新海誠が世界へ投げかけたセンセーショナルなメッセージ、そして圧倒的な映像美と心震わす音楽が紡ぎ出す“新海ワールド”が話題となり、幅広い世代が劇場に殺到。初日からわずか3日間で興行収入16.4億を突破し、『君の名は。』対比128.6%を記録。連日様々なメディアで取り上げられ、『君の名は。』同様に2回、3回と劇場に詰めかけるリピーターが続出し、性別・年齢を問わず話題を席巻している。

公開から34日間で観客動員750万人、興行収入100億円を突破。日本映画で興収100億を突破したのは、同じく新海監督の『君の名は。』(16年)以来3年ぶり。『君の名は。』に続き、日本映画を代表する1本となった。

映画『天気の子』は全国東宝系にて公開中

(C)2019「天気の子」製作委員会

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド