18季ぶりの優勝を飾った神戸製鋼 勝利を呼び込んだ「お茶会」

ざっくり言うと

  • 15日、ラグビーの日本選手権決勝で、神戸製鋼がサントリーを55−5で破った
  • 日本選手権はサントリーと同時優勝だった2000年度以来、18季ぶりの優勝
  • SOのカーターは、試合前に開いていた「お茶会」で連携を深められたと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング