約120億光年離れた銀河周辺のダークマター 名古屋大などが検出共同通信

約120億光年離れた銀河周辺のダークマター 名古屋大などが検出

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 約120億光年離れた銀河周辺の暗黒物質(ダークマター)が検出された
  • 名古屋大などが発表し、これまでの検出例の中ではもっとも遠いという
  • 名古屋大の宮武広直准教授は「宇宙構造の進化の解明につながる」としている

ランキング

x