厚労省新ガイドラインの「要注意薬リスト」代表的な薬剤NEWSポストセブン

平均処方薬剤種類数は6.5種類 高齢者の深刻な「多剤服用」に警鐘

ざっくり言うと

  • 高齢者における深刻な「多剤服用」について女性セブンが報じた
  • 厚生労働省は6月、在宅療養患者の平均処方薬剤種類数は6.5種類と発表
  • 6種類以上の飲み合わせは副作用が出やすいとされ、警鐘が鳴らされている

ランキング