“ゆうこりん”、いや“おぐママ”が行き詰まっている。第3子を妊娠し、臨月に入ったものの、歯科医の夫と離婚の危機が迫っているのだ。彼女は何とか関係修復したいそうだが、夫にその気はないという。好きなママタレントランキングで2年連続1位になり、良妻賢母で知られたはずなのに……。

 ***

「好きなママタレ」初登場でランクインしそうな「お笑いタレント」は…?

 ご存知ない方のために言っておくと、小倉優子(36)の現在の夫は2人目である。最初の夫はヘアメークアーティストで、11年10月に結婚。翌年6月に長男を出産すると、“こりん星”から来たお姫様キャラを封印し、ママタレとしての活動に入った。まずは著書でも、堅実な主婦像をアピールしていった。

小倉優子

●「小倉優子の幸せごはん」(12年12月、講談社)
●「小倉優子のはじめてママdays」(13年6月、主婦の友社)
●「小倉優子の毎日ほめられ ごはん」(13年11月、講談社)
●「小倉優子の毎日おいしい おうちでごはん」(14年12月、扶桑社)

 16年6月に第2子の妊娠を報告したが、8月に夫の不倫疑惑が報じられた。11月に次男を出産したが、夫とは離婚。そのまま、ママタレとして活動をスタートした。小倉が2人の愛児のために、家事をこなす姿はクローズアップされ、バラエティにもひっぱりだこ。この年11月に発表された第2回「好きなママタレントランキング」(オリコン)では見事、1位を獲得した。翌年も1位で2年連続トップとなった。

再婚

 なぜママタレとして小倉はウケたのか。彼女を知るバラエティ番組のスタッフが言う。

「妊娠中に夫に裏切られたという同情もあるでしょうが、あのおっとりした“ゆうこりん”が、シングルマザーとして2人の息子をしっかり育てつつ、バラエティ番組などで体を張って頑張っているという姿が共感を得たんでしょう」

 ところが、18年夏に現在の夫となる歯科医との交際が報道されると、11月の「ママタレランキング」では2位に。12月25日、小倉は再婚した。

「今年2月には、第3子妊娠を発表したのですが、3月になると昨年末から別居していることが報じられました。再婚するにあたり、夫が彼女に専業主婦になることを迫ったとも報じられました」(同)

 3月12日、小倉がInstagramで別居についてコメントを発表。

《この度は私たち夫婦のことでお騒がせしまして大変申し訳ございません。/報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました。/今は家族で穏やかに過ごせる日を心から願い、二人の子供達と新しい命を大切に守って参りたいと考えております。/主人はご来院くださる患者様のために、日夜診察にあたっております。/誠に勝手なお願いですが、主人の職場、家族への取材はお控えくださいますようお願い申し上げます。》

 翌日には夫が「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の取材に初めて応じた。姿も声も映されなかったが、「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは1度もなかったです」と発言。異例の釈明をしたのだ。

「夫が取材に応じたことでかなり風向きが変わりましたね。番組では、『詳細を話せば、妻の仕事への悪影響もあるでしょう』とコメントするなど、小倉に非があることが示唆しています。彼女から『人間が小さい』と罵られたことが引き金になったとも言われていますが、まあ彼女の性格ならあり得る話だと思いますね」(同)

怒ると豹変

 小倉はああ見えて、物事をはっきり言う性格だという。

「以前、『有吉大反省会スペシャル 春のカミングアウト祭り』(日本テレビ、17年4月1日放送)で、それが明かされたことがありました。現在の夫を小倉と共に品定めしたのはギャル曽根なのですが、彼女は小倉と遊ぶ約束をしていた日に寝坊して遅刻。タクシーを飛ばして、ようやく到着して必死に謝ったものの、その日1日中、話しかけても無視され、目も合わせてもらえなかったと……」(同)

 普段、温厚そうな彼女だけに、意外な一面である。

「男に惚れやすく、そうなると周りが見えなくなるタイプなんです。一方、怒り出すと頑なです。前の事務所と揉めた時にも、周囲が引き留めようとしても、『あの社長は許せない』と言って、現在のプラチナムに移籍してしまいました。よゐこの濱口優と交際していたこともありましたが、『ユウくんは本当にバカ、頭が悪いから私には釣り合わない』と周囲に漏らしていたそうですからね。彼女の旦那さんも、どこまで彼女の本質を見抜いていたか分かりませんが、ほんわかして見える彼女からいきなり『人間が小さい!』と言われたら、そりゃショックでしょう」(同)

 すでに小倉の元には、夫側の弁護士から離婚届と養子縁組の解消するための書類が送られていると報じられている。

「彼女がママタレとして成功したのは、離婚の原因は前夫の浮気のせいで、彼女には責められる所がなかったから。だから、再婚して幸せになって欲しいと歓迎されたわけです。しかし、今回、もし離婚するとなると、原因は彼女にもあったのではないかとなってきます。イメージが大事な世界ですから、ママタレとして今後も仕事があるか少し心配ですね」(同)

 別居報道後、すでにテレビで見なくなったが……、

「妊娠中だから出演しなくなったわけではありません。小川彩佳、橋本マナミ、高橋真麻もみな臨月まで仕事をしていますからね。夫とは別居中で、2人の子供の世話をしなければならない、ワンオペ状態なのでしょう。一方、テレビ局としても、微妙な立場の彼女を敢えて呼ぼうとしないということでしょう。ただし、所属するプラチナムはタレントに優しいですし、きちんと給料は出ると思いますけどね」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年7月22日 掲載