日雇いバイトで月50万を稼ぎ、800万円貯金する日雇いのプロの立ち回りとは?

写真拡大

―[負け犬の遠吠え]―

ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。
それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。

「マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載も17回。

 今回は、犬が日雇いバイトで「日雇いのプロ」と出会ったときのお話です。

=====

◆たとえ底辺だろうがどんな道にもプロはいる

 どんな道にもプロはいる。営業だろうと、投資だろうと、麻雀だろうと、日雇いだろうと。

 日雇いの仕事と言っても多種多様だ。知り合いから小遣いをもらって仕事の手伝いをするのも日雇いだし、個人事業主として依頼を受けるのも日雇い、そして求人サイトからその日だけの作業員としてアルバイトをするのも日雇いだ。僕はかつて、求人サイトの日雇いアルバイトのプロに出会った。

 就職する前、そして今の僕の生活は基本的に「金がなくなるまで遊んで」「金ができるまで働く」の繰り返しだ。借金を抱えている今となっては「働かずにギリギリ生活して」「生活できないくらい金がなくなったら働く」状態にマイナーチェンジしているが、基本的にはこの「静」と「動」、0もしくは1を繰り返している。いや、−1もしくは0か……。

 この生活スタイルに合っているのは短期労働で、必然的に求人サイトで工事現場の作業員に応募することが多かった。

 一番思い入れがある現場は千葉のイオンモールだった。巨大なショッピングセンターでは、大量の企業、そこが呼んだ大勢の職人、その職人たちを補助する無数の作業員がいる。作業場では毎日見違えるように建設が進み、同じ集合場所なのに、昨日目印にしていたものがなくなっていたり隠れていたりして、来る度に間違えてしまう。だから事前に駅で複数の作業員で集まり、徒党を組んで作業場に向かう。街中でもそういう光景が見れる。意識すると視覚に入ってくる「日常生活の裏側」だ。

 作業員が複数人いても全員が求人サイトからの派遣、なぜ徒党を組んだだけで作業場がわかるのだろうか。三人寄れば文殊の知恵という言葉があるが、ここではまったく関係ない。

 紛れ込んでいるのだ。たった一人の強者、「日雇いのプロ」が。

◆日雇いのプロは仕事を早く終わらせる

 彼らは自分がベテランだということを隠しながら、作業に支障が出ないように他の日雇いを誘導する。後に自分が日雇いをメインにして生活する時に思い知るのだが、日雇いのプロが重きを置いているのはあくまでプライベートの余暇であり、働く先々でわざわざ新しい友人を作ろうとはしない。だが仕事は早く終わらせたい。

「こっちっぽいね」
「さっき見たけど水道途中にあったよ」
「怒られんのダリーから二人で一枚運ぼう」

 作業前から作業中まで、ゲームのチュートリアルで出てくる優しい吹き出しのような役割をこなし、作業終了後はいつの間にか帰っているので誰もその存在に気づかない。僕が気づいたのは鬱陶しいまでに人に絡む性格だったからだ。

 昔は工事現場にいる人はみんな同じ道を選んでいる人間ばかりが集まっていると思っていたが、そうではない。現場監督も職人も職業としては完全体で、みんな結構稼いでいる。働き方で言うなら僕は職人に憧れた。サッと現れて数時間作業してトラックで家に帰る。これで月に7、80万近くもらう職人もいる。実際にはもっと見えないところの苦労なんかもあるだろうが、僕には他人に縛られることなく自由に働いているように見えた。

◆日雇いのプロは「数時間先の未来」を見ている

「日雇いのプロ」の彼らに対して、我々のような求人サイトから流れ着いた日雇い作業員たちの志は海よりも低い。重いものを運ぶ、小道具を取りに行く、脚立を押さえる。どれも欠かせない必要な人員ではあるが、正直悪意がなければ誰がやっても同じだ。金がなくなったから仕方なくやる人間、その日の酒を買うために働く人間、人と関わりたくない予備校生。