中日・山本拓実

写真拡大

中日 5 − 5 ヤクルト

<5回戦・ナゴヤドーム>

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された8日の中日−ヤクルト戦で解説を務めた鈴木孝政氏が、中日の山本拓実の投球について言及した。

 中日は初回に3点を先制したが、直後の2回に先発・山本は、先頭の村上、西浦に連続安打、山崎に四球を与え無死満塁としてしまう。続くエスコバーに適時打、嶋に押し出し四球。さらに、イノーアに犠飛を打たれ、あっという間に同点とされてしまった。

 3回に2点を奪い勝ち越しに成功した中日だが、山本は再び直後の4回に先頭のエスコバーに安打、さらに一塁牽制悪送球で一塁走者のエスコバーを三塁へ進めてしまう。嶋に四球を与えたところで、降板となった。後を受けてマウンドにあがった橋本が山田哲人に2点適時打を浴びたため、山本は3回0/3を投げ、4安打、4奪三振、5四球、5失点だった。

 鈴木氏は「3点をどうやって考えて投げるかですよね。嬉しいのは当然ですから、その辺のさばき方ですよね。また4回のファーストへ牽制悪送球。独り相撲なんですよね。相手を抑えることより、自分を抑えることで精一杯だった。残念ですよね。ただ、負けなくてよかったかなというくらいの気持ちで良いと思うですよ」と振り返った。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)