Image: Shutterstock

見られちゃってますよ?

こっそりアクセスして楽しんでいるつもりが、意外とデータ解析はバッチリと行なわれているようです。このほどSoftpediaは、今年のアダルト動画サイトのアクセス動向を分析すべく、Pornhubの利用実態レポートを公開しました。いまやYouTubeに次ぐ動画共有サイトに成長し、世界最大のポルノ動画サイトとなったPornhubは、世界中で着実にユーザー数を伸ばしているようですが、その利用方法については、興味深いデータが集まっています。

Image: Softpedia

スマホでポルノは、現代人がエッチな動画をプライベートに楽しむ形として、すっかり定着したのではないでしょうか。同調査によると、モバイルで過半数を上回るアクセスを記録したのは、Apple(アップル)のiOSです。世界のスマートフォン市場シェアで見るならば、iPhoneユーザーは、Androidスマートフォンユーザーよりも、はるかに少ないシェアのはず。ところが今年は、前年比19%増を記録して、ついにAndroidスマホからのアクセスを超えてしまいましたよ! 一方で、Androidユーザーからのアクセスは、前年比14%減となりました。

iPhoneのユーザーは、Androidスマホを使っている人たちより、ポルノを好む傾向が強いのか? この解析データの真相は定かではありませんが、米国内では、若い人ほどiPhoneを好む傾向があり、あながち誤ってはいないのかもしれません。なお、別の重大な変化としては、Pornhubをはじめとするアダルトサイトへのアクセスを、インドの携帯電話会社が遮断する状況が続いており、圧倒的にAndroidスマートフォンのユーザーが多いインドからのアクセス減が、この逆転現象につながったとする意見もあるみたいですね。

なお、デスクトップでは、当然ながら、Windowsユーザーが、全体の8割近くを占める状況となっています。ただし、ブラウザ別に見ると、Microsoft Edgeからのアクセスは、わずかに1割程度。ほとんどがGoogle Chromeからのアクセスで占められているそうです。とはいえ、いまだにInternet Explorer(IE)からアクセスしている人も少なくなく、まだ世界では古いシステムを使い続けて、ポルノを見続けている人たちだって多いみたい。

しかしながら、デスクトップでも、やはりWindowsからのアクセスは減少しているのに、macOSからのアクセスは増えており、そのうち興味深いシェア交代だって見られるやもしれませんよ〜。

Source: Softpedia