大正時代から続く東京最古の木造駅舎「原宿駅」五輪後に建て直しへ

ざっくり言うと

  • 都内の木造駅舎では最も古い「原宿駅」が東京五輪後に解体されると決まった
  • 現デザインを同じ場所に建て直し、商業施設の一部として活用を検討する
  • 駅舎は大正時代の洋風建築で、屋根上にとがった塔が載るデザインで知られる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x