『女性セブン』の直撃に300分にわたって答えた山口達也

写真拡大

 TOKIOのリーダー・城島茂(48才)が、グラビアアイドル・菊池梨沙(24才)との結婚を発表した。ジャニーズ事務所所属のグループのリーダーで結婚したのは、城島が初めて。山口達也(47)の強制わいせつ容疑で書類送検(後に起訴猶予処分)以降、明るい話題がなかったTOKIOがいい方向に進んでいけるよう、後押しする気持ちもあったうえでの、結婚発表だったという。

【別写真】山口達也がウォーキング中に路上に座り込む姿

 城島の結婚発表の約1か月前、山口は『女性セブン』の取材に応じ、TOKIO脱退から約1年4か月ぶりにメディアに登場した。TOKIOのメンバー全員がこの記事を読み、そしてTOKIO再始動を強く意識するようになったと言われている。

 TOKIOは歌って踊れるグループの多いジャニーズにあって、バンドという異質なスタンスのグループだ。

 過去を振り返ると、ジャニーズには野村義男(54才)が所属していたTHE GOOD-BYEや男闘呼組などバンドグループがあり、今でも関ジャニ∞はバンドスタイルで歌を披露することもある。故・ジャニー喜多川さんにとってバンドというのは大切なもので、ひとつの柱と考えていたという。その中で、ジャニーズ史上初めて、夏の野外ロックフェスに参戦したのはTOKIOで、実力は音楽通もうならせた。

「彼らはアイドルグループである以前に、バンドなんです。長瀬さんは特にその自負が強く、ジャニーさんが作ってくれた唯一無二の存在であるTOKIOを守り、音楽活動を続けなくてはならないと考えています」(音楽関係者)

◆ファンが切望する武道館での復帰ライブ

 5人そろっての音楽活動再開──その日を夢見るファンはいまだにいる。

「テレビでというのは難しいと思います。多くの人が目にするだけあって、反発の声が上がるかもしれません。そうなると、現実味を帯びるのは、やはりライブです。ライブには5人でのTOKIOを見たい人しか集まりません。ライブ限定での復帰であれば、批判の声もそれほど上がらないでしょう。

 TOKIOのデビュー後の初ライブは、日本武道館で行われました。その後も何度もツアーの最終日の会場として使ってきた思い入れの強い場所です。武道館をその復活ライブの会場に推す声は増えています」(前出・音楽関係者)

 城島の結婚会見はさまざまな奇跡や偶然が重なったもの。期待は高まるが、現実はそう簡単ではない。山口は本誌・女性セブンに、復帰の可能性について、《あり得ません。芸能界に私の居場所はないですから》と即答している。

 そして、《音楽ができなくて困っているTOKIOは見たくない。もちろん私のせいだってわかっているけど、私じゃなくてもベースはできる。だから歌をやってほしい。TOKIOの音楽ってかっこいいんです》と話した。TOKIOと音楽について話す時は、涙を流し嗚咽が漏れ、言葉がほとんど聞き取れないほどだった。

「城島さんの結婚、TOKIOの音楽活動再開のビジョンが(TOKIOの音楽プロデューサーである)長瀬智也さん(40)の頭の中にあるということを知って、山口さんは泣いて喜んでいるはずです。自分が止めてしまった音楽活動が再開することは、彼のたっての願いでしたから。

 今の山口さんは、とにかく反省の日々を送ることしか頭にありません。心を清め続けること、それだけです。ただ、そうした日々の中でもメンバーとの強い絆が彼の支えになっているのでしょう」(TOKIOと親しい関係者)

 山口が本誌に激白してから1か月。TOKIOは確実に前に進み始めている。

※女性セブン2019年10月17日号