さまぁ〜ず三村、“あおり運転被害”経験語る

写真拡大

お笑いコンビ・さまぁ〜ずの三村マサカズ(52歳)が、9月28日に放送されたラジオ番組「みむこじラジオ」(ニッポン放送)に出演。車を運転中にあおられた経験について語った。

この日、リスナーから「運転中、(ほかの車に)あおられた経験はありますか?」とのおたよりが寄せられ、三村は「あぁ、あるよ。高速で。ただ、なんだろ、自覚がないのよ、『おれ、これやっちゃったからなのかな』っていう。だから怖い」と語る。

それは「引き金を自分で引いちゃったのかもしれないけど、引き金がなんだかわからないから。いつの間にか、すげえ近くにいねえか後ろの車ってことになる」という意味で、「ブレーキかけられないんだよね、怖くて。(ぶつかって)ゴンってなっちゃうんじゃないか、っていうくらい近くにいる。後ろ10センチのイメージ」と恐怖体験を振り返った。

また、そうしたあおり運転は「ほんとにやめてもらいたい」とした上で、「あれって、彼女を横に乗せてるやつがよくやる。捕まった犯人とかみんな横に女性がいるらしい。イキってる。女の人が、そのイキってるのを『全然カッコ良くないんですけど』って言ってあげるね、文化になったほうがいい」と持論を語った。