母と姉を殺害した事件、懲役5年に減軽「介護の負担増の被告には酷」

ざっくり言うと

  • 2018年に母と姉を殺害したとして殺人と承諾殺人の罪に問われた被告の裁判
  • 東京高裁は17日の控訴審判決で、懲役6年の一審判決を破棄し、懲役5年に減軽
  • 高裁裁判長は「介護の負担が増していた被告には酷な判決だ」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング