柴崎岳が思う「ウルグアイ対策」とは何か

写真拡大

コパ・アメリカの初戦でチリ代表に0-4と大敗してしまった日本代表。

しかし落ち込んではいられない。3位でも決勝トーナメントに進める可能性が出るレギュレーションであるため、勝点3でも突破に望みを繋ぐことができる。

重要になるグループステージ第2節のウルグアイ戦に向けて語った柴崎岳は、このように目標を設定したとのこと。

柴崎岳

「(ウルグアイ戦では)まずはしっかりとした守備から入るべきでしょうね。

勝点はこっちもそうですし、向こうのほうがもしかしたら…」

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカに選ばれなかったことが「不可解」な3名

まずはチリ戦で4失点してしまった守備の面を立て直すことを優先すべしだとした柴崎。このメンバーのキャプテンとして、チームの反発力を引き出すことができるだろうか。