「車いすや義肢を使う「バービー人形」は、子どもたちの無限の可能性を示している」の写真・リンク付きの記事はこちら

バービーが初めて世に出てから60年が経った。現在のバービーは、これまでの姿とは大きく異なっている。かつてのような「極端なブロンドの白人女性」としての唯一無二の姿ではなく、実際にバービーを手にとる子どもたちのように、さまざまなルックスを忠実に表現しているのだ。

いまだに白い肌とブロンドの髪がバービーの基本ではある。しかし、マテルの「バービー・ファッショニスタ」ラインに新たに加わったバービーは、肌が黒かったり、髪が褐色だったり、体型もやせていたり、カーヴィーだったりする。そして今回、車いすに乗ったバービーも登場したのだ。

“当事者”たちとつくり上げた義肢や車いす

マテルは今年2月、ファッショニスタ・ラインに新たにブレイズヘアやこれまでになかった体型、身体に障害があるバービーを追加することを発表した。バービーは車いすや取り外し可能な義足をもつようになったのだ。

子どもたちが多様であることと同じように、バービーのラインナップも多様化させるべく、ここ数年で100以上の新たなタイプが加わった。なかでも最新のラインナップには、バービーファンの要望がとりわけ率直に反映されている。マテルの副社長でバービーデザインの統括責任者であるキム・カルモーネ(現在は同社上級副社長)は『Teen Vogue』の取材に対して、このように語っている。

「車いすに乗っていたり、身体に障害があったりする人形を発売します。バービーが義足をつけているのです。体型もこれまでとは違うものを加えます。以前よりも控えめなバストで、ウエストもあまりくびれていません。車いすや車いすに乗ったバービーは、お客さまとのホットラインで特にリクエストが多かったアイテムのひとつです。わたしたちにとって大切なのは、お客さまの声に耳を傾けることなのです」

身体に障害がある人々をきちんと表現するため、マテルは当事者たちとともにこれらをつくり上げた。車いすの制作はカリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)のチームと協働したほか、義手を使っている12歳のジョーダン・リーヴスの協力も得た。カルモーネによると、ジョーダンは「義肢を取り外し可能にすればよりリアルになるのではないか」など、細かいところまでデザインチームに助言したという。

「取り外せる義肢」というジョーダンのリクエストについて、カルモーネはこう振り返る。「なるほど!と、大きく膝を打ちました。義肢を使って暮らしている人にとって、それがどれほど大切なことか、デザインチームだけでは気づかなかったかもしれません」

人形の外見が子供の心に与える影響

ある種の障害のある人々にとって、自らと似たルックスのバービーに会えるということは、とても大きな意味をもちうる。実際、多くの研究結果が、人形の外見が、それで遊ぶ子どもたちに影響を与えることを示している(とはいえ、人形では表現しきれない障害が多いため、身体に障害のある子どもたちに、同じような外見の人形が与える影響に関する研究数は限られる)。

アメリカンガールのラインナップのように、身体に障害がある設定の人形は、消費者から大切にされる。誰だって、自分と同じような姿がメディアで表現されているのを目にすれば、前向きになれるし、自信がもてるからだ。

ジャーナリストでろう者のレベッカ・アトキンソンは、身体障害者の外見をもつおもちゃがもっと増えるように、#ToyLikeMe(わたしに似たおもちゃ)キャンペーンを始めた。アトキンソンは、ろう者向けのブログ兼ニュースサイト「The Limping Chicken」でこのように述べている。

「幼いころ、わたしと同じような人形はひとつもありませんでした。それはろう者や身体に障害のある子どもたちにとってどのような意味をもつでしょうか? 障害のある子は人形で遊ぶには値しないというのでしょうか? 障害のある子も遊ぶ人形の世界では、障害のある存在は目に見えないというのでしょうか? 障害のある子は社会のなかで見えない存在だというのでしょうか?」

誰にでも無限の可能性があることを示すために

もちろん、かつてのバービーは、いまほどインクルーシヴだったわけではない。バービーの製造元のマテルがカーヴィーな体型の人形を販売開始したのは2016年のことだった(注目すべきは、以前と変わらず細身でありながら、ウエストとヒップがたくましくなっていることだ)。初めて黒人のバービーを発売したのは1969年のことだった。

近年、より多様な体型や肌の色を増やしているにもかかわらず、バービーには反発の声が上がっている。髪質を変えられないのか、店舗でより多様な人形を購入することはできないのか、さらに(これは当然というべきかもしれないが)、バービーが長年にわたって少女たちに非現実的な体型の規準を押しつけてきたのではないかという声が寄せられたのだ。

これまでにもマテルは、バービーの多様化を進めてきた。写真は2018年の「バービー・ファッショニスタ」ラインから。PHOTOGRAPH BY MATTEL

カルモーネによれば、マテルはこうした批判をきっかけにして、2015年ごろから対応を始めたという。

「バービーについていただいたフィードバックは、わたしたちの意図とは異なっていました。お客さまの声を重く受け止めて、民族性や体型のタイプを増やしました。わたしは入社して20年が経ちますが、その間にバービーという商品で民族性や体型についてはずっと掘り下げてきたのです。なので、このようなご意見をいただいたことをきっかけに、ブランドの方向性を変えようという結論に達したのです」

「マテルはこれからもバービーに対する消費者の要望に耳を傾け続けるつもりです」と、カルモーネは語る。さらに、新しいファッショニスタ・ラインについてはこう続けた。「すべての少女に無限の可能性があることを実際に示す、という使命を果たし続けていきます。この任務に終わりはありません。現在から未来にわたる継続的な取り組みなのです」

バービーの新ラインは2019年秋に発売される予定だ。