「スター・ウォーズ」秘密漏洩なら出演料減額、マーク・ハミルが告白。

写真拡大

マーク・ハミルが、もし「スター・ウォーズ/フォース覚醒」のストーリーを話した場合には、罰金を支払わなければならないようだ。

シリーズ第7弾となる話題の新作に、ジェダイの戦士ルーク・スカイウォーカー役で再び出演することになっているマークは、少しでもストーリーの概要を他に漏らすようなことがあれば、出演料から罰金を支払うよう警告を受けていると、PCゲーマーのインタビューに明かした。

「もし僕が原因でこの作品の秘密が漏れたとしたら、出演料からいくらか持っていかれるんだ。まだ出演料を受け取っていなくて、もし公開日まで僕が秘密を守り続けたら、出演料を受け取れるんだよ」

そう語るハミルだが、今までに「スター・ウォーズ」シリーズの作品の秘密を洩らしたことがないことから心配はいらないと続けている。

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」ではダース・ベイダーがルーク・スカイウォーカーの父アナキン・スカイウォーカーであることが明らかになっていたが、この秘密を共演者にも漏らすことはなかったとして、「ダース・ベイダーがルークの父であることは、他の人達が知る1年半前に知っていたんだ。でも僕はハリソン(フォード)にも妻にも言わなかった。なぜならもし彼女が『ねえ、知ってるかしら』なんてファンに言ったりしてリークしたら大変だからね。それにアーヴィン・カーシュナー監督は『僕はある秘密を知っているんだ。今からそれを君に話すところさ。ジョージ(ルーカス)と僕だけが知っていることを君に今から話すから、もしこの情報が漏れたとしたら君だってすぐにわかるからね』と言ったんだ。当初セリフは『おまえは真実を知らない、オビ・ワンがお前の父親を殺したってことを』っていうものだったんだけど、アーヴィンは『僕たちはこのセリフを“お前の父は私だ”っていうセリフに取り換えるから』と僕に言ってきたんだ」と語っていた。