1日24時間をどう使えば質の高い仕事ができるのか。弁護士の谷原誠氏は「作家の村上春樹さんのルーティンが参考になります。規律を守り、集中すべきときに集中し、適度な息抜きをして翌日に備える習慣が成果をあげ続ける秘密です」という――。※本稿は、谷原誠『時間を増やす思考法』(フォレスト出版)の一部を再編集したものです。写真=The New York Times/Redux/アフロ■最高のパフォーマンスを生み出すスケジューリングとは