4位で北京五輪を終えた羽生結弦「右足の感覚ない状態でやっていた」

ざっくり言うと

  • 羽生結弦は10日、SP8位から4位に順位を上げ、北京五輪を終えた
  • 4回転アクセルへの挑戦は、「右足の感覚ない状態でやっていました」と告白
  • 「だからこそできたのかな」「本当みなさんに感謝したいです」と語った
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。