机上に投影されたキーで文字入力が可能(使用イメージ)

写真拡大

エレコムは、近未来キーボード「キー投影型Bluetoothキーボード TK-PBL042BK」を、2012年4月上旬に発売する。価格は、2万8875円。

マウス操作も可能

投影機とセンサーが一体になった本体から、机上などの平面に赤色光が照射され、キーの形を投影する近未来キーボードで、投影されたキーに直接触れると、センサーが感知して文字入力が可能になる。

投影するキーボードの明るさと感度は3段階に調整でき、使用中に投影イメージを消去する省電力モードも装備しているほか、「キーボードモード」と「マウスモード」の2モードがあり、マウスモードでは投影されたキーボード上で指先を移動させることで、カーソルを動かすなどのマウス操作が行える。投影型ながら19mmと余裕のキーピッチを採用し、1分間に最大約350文字を認識する。

Bluetooth 2.0に対応し、iPadやiPhone、iPod touchなどのApple製品で、レシーバーを接続することなくキーボードを使用できるが、Apple製品以外でも、Bluetooth HIDプロファイルに対応したAndroid端末ならレシーバーなしで使用可能だ。

カラーは、スタンダードなブラックのみ。