リハーサル初日、調整を図るAKB48の出演メンバー (撮影:野原誠治)
大みそか恒例「NHK紅白歌合戦」(放送は、31日19時15分〜)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで始まり、アイドルグループのAKB48が舞台に上がった。

リハーサルに臨んだ彼女たち。ミリオンセラーとなった3曲をメドレー構成「風は吹いている」〜「フライングゲット」〜「Everyday、カチューシャ」を披露し、締めくくりは例年どおり、“人文字”を組んでいた。(人文字の写真は、掲載できないルールが発生。想像してくださいね)

恒例となったその“人文字”は、昨年記録した130人の規模から、210人へ拡大。今年は国内のみならず、海外メンバーも顔ぶれに入っている。(インドネシア・ジャカルタの地を拠点とするJKT48や福岡・博多のHKT48、お姉さんグループ・SDN48も参加)。大島優子は、「毎回100人づつ増えてきた感じがする。途中、後ろを振り返ると人だらけだった」と自分たちを見て驚くほど、巨大化したステージを展開する。

アイドルグループのAKB48
AKB48における“紅白選抜”。今年の総勢は、130→210人と拡大

小嶋陽菜(AKB48) 大島優子、高橋みなみ、前田敦子(AKB48) 大島優子(AKB48)
本番のステージにむけて、調整を図るAKB48のメンバー

アイドルグループのAKB48
フォトセッション会場でのAKB48。(前列左から)板野友美、大島優子、前田敦子、高橋みなみ (後列左から)小嶋陽菜、渡辺麻友、柏木由紀、篠田麻里子


そして今年の紅白、音楽業界における新たな流れも。K-POPブームの担い手となっている3組の顔ぶれがある。(東方神起、少女時代、KARA)

そのうちのKARA。日本を代表する歌い手と競い合う、本番ステージについて「SMAPさんが気になります」とメンバーの1人、ギュリがコメント。一番応援したいメンバーは誰?の質問が続いて「香取慎吾さん…」と恥ずかしそうに、うつむいて回答。また、両手で顔を覆い、表情を隠すしぐさもあった。すると、関係者がそっと耳打ち。「はい、(SMAPの)みなさんです」と言い直し、笑いを起こしていた。

韓国出身のアイドルグループ・KARA
韓国出身のアイドルグループ・KARA。(左から)ジヨン、ニコル、ギュリ、スンヨン、ハラ


NHK紅白歌合戦の写真ギャラリー
AKB48の写真ギャラリー
KARAの写真ギャラリー