ユベントスがMFの補強第1候補をリバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ(26)に絞ったようだ。

 ユベントスは以前、アロンソの獲得に1600万ユーロ(約26億7000万円)の移籍金を提示していたが、ここにきて2100万ユーロ(約35億)まで引き上げたことが判明した。リバプールは2300万ユーロ(約38億4000万円)を要求していたが、ユベントスが提示額を2100万ユーロまで引き上げたことで、シャビ・アロンソのユベントス移籍は一気に加速すると見られている。

 来季の欧州CL出場権を獲得したユベントスはMFの補強が急務となっており、アロンソの他にインテルのデヤン・スタンコビッチ(29)やASローマのアルベルト・アクイラーニ(23)などが補強者リストに挙がっている。