貫地谷しほり

写真拡大

 女優の貫地谷しほり(35)が新型コロナウイルスに感染したと13日、所属事務所が公式サイトで発表した。今月17日に開幕予定だった出演舞台「月とシネマ―The Film on the Moon Cinema―」(東京・PARCO劇場、5月9日まで)は初日を延期し、28日まで公演を中止する。

 PARCO劇場によると、稽古中から感染対策を徹底し、今月7日に実施したPCR検査は全員陰性だったが、貫地谷が10日に体調不良に。再度、PCR検査を行い、11日に陽性が確認された。12日にキャスト・スタッフ全員のPCR検査を行い、貫地谷を除く全員が陰性だった。

 「この状況を受け、貫地谷しほりさんの回復をお待ちすると共に、他キャスト・スタッフにつきましては陰性を確認できておりますものの濃厚接触者と認定される可能性がございますこと、ならびに公演の準備状況などを鑑みまして」開幕延期、一部公演中止を決めた。30日以降の開催については、改めて発表される。

 所属事務所の発表は以下の通り。

 弊社所属女優・貫地谷しほりが新型コロナウイルスに感染していることを確認いたしましたので、ご報告申し上げます。

 4月10日(土)早朝より身体に違和感を感じたため、PCR検査を実施しましたところ、11日(日)に医療機関より陽性であることが確認されました。

 当人の容態は現在安定しておりまして、今後につきましては保健所のご指導により、療養及び経過観察いたします。

 仕事関係者・共演者の皆さま、いつも応援してくださっているファンの皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けしますことを、心よりお詫び申し上げます。

 今後も医療機関、保健所などの指導の下、当人の体調管理を徹底してまいります。

 また、弊社におきましては、関係者の皆さま、所属タレント並びに社員への感染防止を最優先に引き続き、対策を講じてまいります。

 この度は、皆さまにご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。 何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。