長年ヤクザ取材を続ける溝口氏

写真拡大

 生きていくために必要不可欠な「お金」。反社会的勢力であるヤクザの収支バランスは、一般社会とは、まったく異なるものだ。このたび『職業としてのヤクザ』(小学館新書)を上梓した暴力団取材のプロ2人、溝口敦氏(ジャーナリスト)と鈴木智彦氏(フリーライター)によれば、ヤクザの“家計簿”はとにかくケタが違うという。

【写真】ノーネクタイで手帳を机に置き語る鈴木智彦氏

溝口:彼らの言葉で、「喧嘩をすれば金が湧き出す」という。暴力団にとって抗争は、人的にも金銭的にも「必要経費」という考え方がある。あるいは長期的に見れば「将来投資」という言い方もできるかもしれません。

鈴木:確かに損害も含め、抗争はビジネス的な観点から見ても成り立っています。例えば、ある地域のソープランドの利権を取りに行って喧嘩した場合、勝てば、その利権はすべて自分に入って来る。さらに、相手からも落とし前が取れる。そういう意味で、収支が合う抗争というのがあるわけです。

溝口:損して得取れ、と。

鈴木:一度、大きな抗争を経験した暴力団のトップに、抗争の経費がいくらかかるか聞いたことがあるんです。そうしたら、年間5億円と言っていた。

 例えば襲撃に備えて防弾車をつくるために、自分たちで海外に出かけ、ピストルを撃って車を潰したりする。日本に防弾車なんかありませんから、自分たちで仕様をつくる。それに、潜っているヒットマンに渡す経費が馬鹿にならない。ターゲットを殺すためにずうっと張り込みして、つけ狙い、一瞬のチャンスを待つのですから、シノギなんてしていられません。

 そのための住居だとか、車だとか、食事だとか、さまざまな費用がかかる。ヒットマン1人につき、月に20万円かかったとする。10人いたら200万円です。実際はもっと人数がいるはず。そして何年続くかわかりません。

溝口:今は抗争が長期化しやすいし。

鈴木:人1人殺すために、2年、3年張るかもしれない。そのために、10人のヒットマンを潜らせるのと、1人しか潜らせられないのと、どっちが強いかっていったら、10人潜らせたほうが強い。それだけでも経費は10倍違います。とにかく抗争は金がないとできません。

溝口:特に今、暴力団に対する刑罰っていうのは重くなっているんですね。そのために、組としては服役した者へのケアが重要になる。

 五代目山口組組長の渡辺芳則がまだ直参の山健組組長だったころ、傘下組織の組員が服役した場合、山健組と傘下組織から1か月に計50万円が渡され、さらに渡辺自身からも家族に生活費を送り、盆と正月には100万〜200万円を別途送っていたと言っていた。「3年かそこらしたら3000万円か4000万円は集まってしまう」と、面倒見の良さを誇っていました。

鈴木:抗争における報酬、賞揚禁止というのは警察の手前、表向き守られていますが、実際には当然ある。家を買ってあげたり、車を買ってあげたり、現金をあげたり。一概には言えませんが、最低でも1億は要る。ただし、実際には今その口約束を履行してくれる組織はほとんどないですが。

【プロフィール】
溝口敦(みぞぐち・あつし)/ジャーナリスト。1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。『食肉の帝王』で2004年に講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『暴力団』『山口組三国志 織田絆誠という男』など。

鈴木智彦(すずき・ともひこ)/フリーライター。1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『サカナとヤクザ』『ヤクザときどきピアノ』など。

※週刊ポスト2021年4月16・23日号