「人を殺したかった」不可解な動機の事件はなぜ2000年代以降に急増したのか から続く

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 SNSの普及に伴い、自分たちが犯した罪をインターネットに投稿する人が目立つようになった。店舗の冷蔵庫内に寝そべる客、食材をゴミ箱に投げ入れる従業員、複数人で店員を恫喝する男女……。そうした画像や動画が記憶に新しい方も多いだろう。

 しかし、なぜ自らの愚行をインターネットに晒してしまうのか。「馬鹿」の一言で片づけるのは早計かもしれない。ここでは、編集者の久田将義氏による著書『生身の暴力論』を引用。実際の事件をもとに不可解な行動を起こす本当の理由を推察する。(全2回の2回目/前編 を読む)

◇◇◇

バカッター」たちの実例

 たまに、現役のヤクザや有名暴走族のOBらがネット上に書き込みをしている。後々トラブルにならないよう、言葉遣いには気をつけなければならない。ただ、僕ごときが言うのは大変おこがましいのは分かっているのだが、ある程度取材を続けていると、書き込み内容だけでも何となく、「この人は本物」「この人はフェイク」と見分けがつくものだ。

 さらには、ツイッターやブログなどで、ふと書き込んだ内容が言葉足らずで、読んだ人を怒らせてしまう時がある。そんな、迂闊な書き込みがきっかけで罵倒の応酬になり、感情が昂り、リアルで会うまでに発展する。リアルに会っても、話し合いだけで済めばそれはそれで結構だ。暴力沙汰に発展するよりは。

 リアルに凸するのは良いが、相手の怒りや感情がどの程度のものか判断する事。その見極めこそが暴力を回避する。


©iStock.com

 また最近では、次のようなケースが増えつつある。2014年にはこんな事件が起きた。

〈 コンビニ店長に土下座、新たに女2人を逮捕 39歳アルバイト従業員と10代娘

 大阪府茨木市のコンビニエンスストアで、店長らが客に言いがかりをつけられ、土下座させられる様子がインターネットの動画サイトに投稿された事件で、府警茨木署は11日、因縁をつけて商品を脅し取ったとする恐喝容疑で、新たに府内のアルバイト従業員の女(39)と娘の10代の少女を逮捕した。この事件での逮捕者は4人となった。

 逮捕容疑は8日午前11時半ごろ、茨木市内のコンビニ「ファミリーマート茨木横江店」で、男性店長らに「うちの若い衆が店に車で突っ込む言うとんぞ」と脅迫。さらに「謝るの普通は手ぶらちゃうわな」と要求し、たばこ6カートン(販売価格計2万6700円)を脅し取ったとしている(産経WEST/2014年9月11日)〉

 既にこの件は風化しつつあるが、れっきとした「刑事事件」である。YouTubeやニコニコ動画等のサイトには、事件の模様の動画がアップされている。動画は加害者側が撮影したものだ。

 前年にも、これと似たような事件が北海道で起きている。

自分の愚行をツイートで晒す

 2013年9月3日、衣料品チェーン「しまむら」苗穂店で、主婦が従業員にクレームをつけ土下座をさせた。この様子を写メで撮影し、ツイッターにアップ。ネット民が騒ぎ「強要罪」で逮捕された。土下座の静止画をアップしただけで逮捕されるという前例があった訳だ。これら、自らの愚行をツイートで晒してしまう人は「バカ」と「ツイッター」を併せた造語、「バカッター」と言われている。

 先に挙げたケースは静止画(写真)ではなく動画のアップだ。動画の方が情報量が多い。つまり動画ではどちらに非があるのか、より分かりやすいと言える。案の定、アップされた時から、時間を置かずして、ネットユーザーたちにこの動画は拡散され、アップ主たちに対する非難が始まり、身元の特定作業が開始された。

 なお、身元の特定は、ネットで育った世代で「勘」が鋭い「鬼女」と呼ばれる女性たちの得意技である。「鬼女」は「既婚女性」を意味する「既女」にひっかけた言葉であり、2chの「鬼女板」の住民たちを指す。彼女たちによる身元特定作業から、ネットでさまざまな案件が炎上するケースが多い。ちなみに、僕の周りに鬼女はいるが、鬼女板は怖くて一度も見た事がない。

「コンビニ土下座」の一部始終

 多少でもネットに詳しい者なら、「コンビニ土下座の動画アップ」の件は、炎上するのが推測できるはずだ。彼らアップ主たちは、そういった事を念頭に置かなかったのだろうか。加害者ではなく、その仲間がアップしたとも言われている。自らの罪を世界中に公表しているようなものであり、なぜこのような愚行に走ったのか理解に苦しむ。

 一つ、説明をつけるとしたら、彼らは「愚行」と思っておらず、「相手を屈服させた」という高揚感が、自分たちの取った行動は法律に触れているか否かという正常な判断を誤らせたのだろう。高揚感と引き換えに、自分の人生を誤らせるケースをここでも見る事ができる。

 これが10代の小学生から高校生ぐらいまでの少年少女の行動なら、百歩譲って分からないでもないが、30〜40代の大人の行いであるため、ネットユーザーたちからより非難を浴びてしまった。

 事件の概要は一部メディアで報道されているが、ここでは暴力動画をテーマにしているので、動画から事件の解説を試みたい。この事件から、人がなぜ安易に暴力に走るのかを突き止めてみよう。

キレる店員

 動画の内容は二つに分かれている。

 シーン1・コンビニエンスストア内で、カウンター内の店員と加害者側が(逮捕者は4人だが、動画では3人のように見える)口論しているシーン。

 シーン2・コンビニエンスストアの事務所らしき場所で店員とそのオーナーと本社社員らしき人物が加害者側に土下座をして謝罪しているシーン。

 まずは「シーン1」。

 舞台は深夜のコンビニエンスストア。動画を見る限り、3、4人と思われる男女が入店した。ネット上ではDQNという単語で彼らを表現しているが、ここではなるだけそういった先入観を排除して考察したい。

 そこで何らかのトラブルがあったのだろう。動画では、店員がキレているところから始まっている。「金を払わんでいいから帰れ」と怒鳴っているが、店員がここまでキレるのも珍しい。キレる理由として考えられるのは二つ。店でかなり騒がれたのか。それとも店員が元々キレやすい性格なのか。

 一瞬だが、女性が缶コーヒーか缶ビールをフタが開いた状態で持っているシーンを確認できる。つまり客が、店内で飲食をしていた事になり、やはり原因は加害者側にあったのではないかと考えられる。

 しかし、それは店員が「キレる」ほどの行為なのだろうかとも思う。客にキレるにはそれなりの理由があるはず。例えば、もし注意しても聞かなかったのだとしたら、店員がキレるのも分かる。あるいは態度・言葉遣いといった事も要因だろう。

 いくら、正論を言っていても「言い方」「態度」で、事態は大きく転換する。人間対人間の関係はそういうものだ。人間には「情」があり、それはこういった「場面」においては、好転するのかしないのか、重要なファクターになる。

「お前、頭悪いんか」

 レジカウンターにはいくつかの商品が置いてあり、加害者側は「払う」と言っているが、店員は「客じゃないから払わないでいい。帰れ」と強硬姿勢を崩さない。また、加害者が動画を撮っている事にも腹を立て「撮るな」と抗議する。

 加害者も「金は払う。こちらは客だ」と一歩も譲らない。事態が一変したのは、店員の「お前、頭悪いんか」という一言だ。この言葉があってもなくても、いずれにせよ暴行を加えていたと思うが、トリガーにはなったようだ。この一言の後、客の女性が怒声を上げて殴りかかったか、持っていた飲料水を店員に投げた。もみ合いになり、「シーン1」の動画はそこで停止する。

暴力は身近にある

 さて、問題は「シーン2」である。

 ここでは、暴行現場にいなかった第三者が登場してくる。逮捕された46歳(当時)の会社員である。

「シーン2」では既に、キレていた店員が大人しく土下座をしており、店のオーナーである中年男性、そしてこのコンビニエンスストア本部の人間、三人に対して計四人の男女の加害者がクレーム─ではなく既に恫喝といった状況だ─をつけている。

 なぜ、あれほど抵抗していた店員が土下座にまで至ったのか。本部の人間も、加害者側の恫喝にうなずくだけで、店側のフォローはない。

 これには、違和感を覚えた。加害者側は前例である「しまむら土下座強要事件」を知らなかったのだろうか。前例を知っていたら、強要罪、脅迫罪、恐喝罪なども含めて、複数の刑事罰が適用されるであろう事は想像に難くない。

 コンビニにいた男女は、喧嘩腰である。今にも殴りかからんばかりの勢いで怒鳴る。土下座のまま平謝りの店側。そこで仲裁役よろしく、貫録たっぷりに口を挟むのが46歳男性である。

「俺は関係ないが」と言いつつ、まず「携帯が水に濡れたので新機種に買い替える金を出せ」と言ったのち、土下座謝罪を続ける店員、オーナー、本部社員に向かって「口だけの謝罪で済むか」と、タバコを計6カートン要求する。

第三者が介入してきた理由

 現場にいなかった人間が、この場を仕切るケースは二つ考えられる。一つはこの男性が警察官の場合。むろん、これは論外だ。もう一つは、この男性が相手に恐怖を抱かせる背景の存在をアピールした場合。一部ではこの男性が組織の名前を出したのではないか、という声も囁かれている。

 であるならば、店側が土下座した理由も納得できる。すなわち土下座は「何らかの恐怖」によって強要されたものである。ネット上では逮捕された男性と思われる、刺青が入った人物の写真が流出した。これを見ると、普通の会社員でないようには映る。

「しょうもない罪」

 もし彼がそのような立場の人間なら、タバコ6カートンを恐喝して逮捕されるとは、大きなツケを払ったものだと思う。暴力団対策法、暴力団排除条例等によって締め付けが厳しくなった現在、たまに無銭飲食や、今回のような「しょうもない罪」による逮捕を耳にする。

 暴力は、身近にある。この動画を見て、改めてそう思った。暴力動画の前例が多くなればなるほど、警察もこういった動画サイトやSNSに注目するようになるだろう。取り締まりがきっちりと行われる事を期待する。

 深夜のコンビニでは、このような事態が起き得る。たまにだが女性店員が深夜のレジに入っている光景を見て、僕は心配になる。いくら監視カメラがついているとはいえ、店側においては、従業員には強要罪、脅迫罪に関する意識を持ってもらい、何かしらの恐怖を感じたらすぐ、110番をするというマニュアルを徹底させていただきたいものである。

暴力に遭遇したとき私たちにできること

 そこでは抵抗しなくて良い。土下座しても良い。日本は法治国家であり、先進国だ。法に任せて暴力を回避すべきだ。コンビニ、ファーストフード、スーパーマーケット等、24時間営業している店舗が増え、よりいっそう、こうしたトラブルに巻き込まれる可能性が高くなった。

 土下座、もしくはそれに準じた行為を強要された場合、また相手が暴力団であるような事を匂わせた場合、ひとまずその通りにした方がよい。その代わり、携帯に録音機能があれば、それで録音する。そんな余裕がないほど恐怖を覚えたら、その場は形だけでも謝罪し、帰宅してからメモ書きで良いから、その日あった事実をなるだけ記憶が鮮明なうちに、書き留める。些細な事柄もメモしておく事が必要だ。そのメモ書きを清書して、最寄りの警察署の生活安全課に被害届を出しに行く。知り合いに弁護士がいれば、弁護士に提出するのも良い。

(久田 将義)