二宮和也が、12月13日に放送された『BAY STORM』(bayfm)で『鬼滅の刃』へのこだわりを語った。

 二宮は同作について「俺、『鬼滅』は連載第1回目から見てるんですよ。遍歴を見てるじゃないですか、急にセンターカラーとか(巻)頭に来たりとか」とブレイクするまでを見てきたという。

 そのため二宮は、「映画になって、大ヒット。だから、僕はちょっと逆に嫌いなんですよね」とぶっちゃけた。

「やっぱり僕が世界で初めて『鬼滅の刃』を読んだんですよ。言ったら僕が手塩にかけて生んだと言っても過言ではない」とジョークを飛ばしたところ、スタッフから「ファンの人に怒られても知りませんよ」とツッコまれていた。

 1話を振り返り、二宮は「(主人公の)炭治郎が全然しゃべらなくて。心の声みたいなのが何個かあるくらいで、不思議な漫画だなと思ってたんですよ」と回想。

 次第に仲間ができていく物語に「最初、俺と炭治郎の旅だったから。善逸とか伊之助とか来たときも、僕は正直寂しかったですよ。(そのぐらい作品を)愛している。みんなの炭治郎になってしまった」とまで言い出し、再び、「本当に怒られますよ!」とダメ出しされていた。

 作品への愛ゆえに大ヒットに戸惑う二宮にSNSでは大きな反響が寄せられた。

《最初から(世界で初めて)鬼滅読んだのに大ヒットしたから逆に嫌いな二宮さんクソほどわかるしクソほど推せる〜》

《俺と炭治郎の旅でバスでくっっそニヤニヤしてしまった、、、、二宮くん相変わらずオタクで信頼できる》

《昨日、友達に「俺が世界で初めて鬼滅読んだ」「元々は俺と炭治郎の旅だった」って二宮くんが言ってたって話したら、めちゃめちゃ笑ってくれたし、ニノだから許されるよねって言われた(笑)》

「ゲーム『パズル&ドラゴンズ』好きでCMにも起用された二宮さんですが、その『パズドラ』と『鬼滅の刃』がコラボして、キャラが登場するイベントがゲーム内でありました。

 また、雑誌『T.』42号では表紙を二宮さん、裏表紙を『鬼滅の刃』キャラが飾ったことも。二宮さんとは浅からぬ縁があるようです」(芸能ライター)

 二宮の愛ゆえのジョークだけに『鬼滅』ファンも許してくれるはずだ。