「社会彫刻に当てはまる」伊勢谷友介被告の弁護団が奇妙な主張

ざっくり言うと

  • 大麻所持の罪に問われた伊勢谷友介被告の初公判を、ゲンダイが報じた
  • 弁護団は、被告が「社会彫刻」をしてきたと主張したと司法担当記者
  • 熱心に社会貢献してきたので刑の情状酌量をするべき、との訴えだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x