テレワークの悲劇…上司が気づいた「できる社員とダメ社員」

写真拡大 (全2枚)

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

管理職の不安「社員はちゃんと働いているか?」

新型コロナ感染拡大で突然始まったテレワーク。当初はどの企業でも混乱の極みでした。特に中小企業は業種にもよりますが、もともと全社員がパソコンで仕事をしているわけではありません。社員にスマートフォンなどの情報端末を会社用のものとして支給されているケースは、一部に限られます。

ましてや、社員個人の自宅にパソコンが備えられているかといえば、多くの社員が自宅で日常、パソコンを使っているわけではありません。国や自治体ではこうした情報端末の整備について、各種の補助金を設定して支援体制を固めましたが、いったいどのようにして実際の仕事をやっていくかは当然、それぞれの会社に委ねられることとなりました。

新型コロナ感染拡大で突然始まったテレワークはどの企業でも大混乱した。(※写真はイメージです/PIXTA)

大企業ではほとんどの社員が一人一台のパソコンを与えられ、仕事の多くがパソコンを使って行なわれていたことから、新たに機器を整備する手間はかからないところが多かったようです。ところが大企業ほど、セキュリティ対策が厳格に施されていたこともあり、テレワーク対応をするには、会社の内部規定を変更する、新たなセキュリティ対策を施す必要があるなど、かなりの混乱も見受けられました。

さて実際にテレワークを実施するにあたっては、いくつか課題が発生しました。

まずは労務管理の問題です。社員が朝9時から夕方5時までちゃんと仕事をするかをどのようにチェックするかということです。オフィスであれば、監視の目が行き届きますが、自宅にいたのでは、自由気ままにさぼるのではないか、と疑ってしまうのが管理者側の性。

社員のパソコンの稼働時間をチェックする、始業にあたってはメールなどで確認する、zoomやSkypeなどの会議用ソフトを使って朝礼や夕礼のようなものを行なうなど、さまざまな工夫がなされました。終了にあたってもメールなどで報告をさせる、あるいはパソコンの電源を切ったことで業務の終了を確認するなどの方法がとられました。またコロナ禍が続く中で、社員の健康状態の確認のため、朝の始業時には各自の体温を報告させる会社も多くありました。

また、社員が一日で行なう業務内容についてはあらかじめ決めておいて、決められた時間までに成果を提出させるようになりました。オフィスであれば、管理者がその場で指示することができますが、テレワークの場合、直接指示を与えるにはどうしても情報端末上でのものになるので、一日でできる仕事をかなり詳細に組み立てるようになりました。社員から見ても、一日でやらなければならない仕事が明確になった、との声も多く聞かれます。

テレワークで判明「社員の出来、不出来」

営業職に対しても取引先への訪問に支障が出る分、情報通信端末などを利用した営業活動が求められるようになり、そのための資料作成などについて細かな指示を出すようになりました。

(※写真はイメージです/PIXTA)

テレワークは、当初導入を促された多くの企業が戸惑い、試行錯誤を繰り返しながら実践されました。私自身も自分の会社でテレワークを実施しましたが、なにせ初めての試みということで、実際のやり方については取引先や知人の社長や部長と頻々に情報交換をしながらの実施となりました。

その結果、情報交換した多くの方々とほぼ一致したのが、

「意外とテレワークできちゃうね」

という結論と、

「仕事ができる社員とできない社員が明確になった」

という驚くべき事実だったのです。

なぜ社員の仕事の出来不出来がテレワークで露わになったのでしょうか。テレワークを導入する以前は、会社に社員は毎朝当然のように出社してきました。出社をするということは、別にオフィスで仕事をするということとイコールではありません。ところが朝、出勤してきた社員の顔を見る。「おはよう」とあいさつをした段階で、なんだか仕事が始まっていると多くの管理者たちは思っていました。

社員はそれぞれの組織の中に配置されています。本来は各自に与えられた業務分担や役割、責任があるはずです。出社してきて机に座ったとたんに仕事は始まっているはず。そして夕方5時になると、業務を終えた(と思われる)社員から退社する。最近は働き方改革が唱えられ、残業はしない、させない方針もあって管理者は早く業務を終わらせて社員をいち早く帰らせようとする。社員が帰ればその日の業務は終了。

これが多くの会社での日常です。でもそれぞれの社員が一日本当に与えられたタスクをやり遂げているのか、実際の進捗はどうか、もちろん今現在気になっているプロジェクトやタスクについては、日中に担当の社員を呼んで逐一確認をしているかもしれません。ところが、その陰に隠れて「あれ? 君、そこにいたんだっけ」と思ってしまう社員がいるのも事実。その社員も、5時にさっと帰ってしまうと管理者の頭にもなんとなく残らない。数日経過してからそういえばあいつ、といったことになっていることが多いのではないでしょうか。

できると思った社員はお調子者だった!?

でもテレワークにすると、その日の成果が夕方には各管理者のもとに報告という形で上がってきます。管理者も社員一人一人の一日の働きぶりが把握できていない分、夕方の報告には慎重に目を通すようになります。その結果「なんだ、何にもできてないじゃないか」だとか「このやり方ではぜんぜんだめだ、軌道修正しなきゃ」など、多くのことに気づかされるようになりました。また時間内で社員がさぼっている場合、社員が思っている以上に管理者側からはっきりわかってしまうことにも、多くの管理者が気づかされたと言います。

それまでは真面目でコツコツやるタイプだとか、会議では威勢よく発言していたとか、上司には気遣いが上手、などと褒められていた社員が意外にもテレワークにしてみると「ぜんぜんわかっていない」「資料の一つも満足に作れない」などなど、思ってもみなかったことがわかってしまうというような結果になっているということです。

いっぽうで、地味で根暗で社員の評判はイマイチだった社員がテレワークで与えたタスクに対しては正確に時間通りに出す、それだけでなくネット上であれば、ものすごく的確に雄弁に提言もするなど、社員の隠れた能力に気づかされたとの声も多く聞かれました。

テレワークによって一日の業務を明確にし、社員一人一人に対してオフィスではない自宅という空間で取り組ませることによって、社員の能力を別の角度から測ることができるようになったのです。

社員の側からしても今まではオフィスで仕事をしていても、雑音や電話音、社員の話し声などで集中できなかったのが、一人で仕事に向かい合うことで成果を出しやすくなった、という声も多く聞かれました。

結果として会社から見れば、思いもかけなかった社員の出来が良く、出来が良いと思っていた社員がただのお調子者だったなどという新たな発見があったというのが、このテレワーク全国一斉お試しキャンペーンの結果、判明したことなのです。

牧野 知弘
オラガ総研 代表取締役