「給付が遅い」「何をやってるんだ」―。青森市の小野寺晃彦市長は1日の記者会見で、1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、苦情電話が市に殺到していると明らかにした。

 青森県では西目屋村が4月30日に早速給付を始めたが、青森市は5月下旬の予定。身近な自治体との配布スピードの違いに対する不満があるとみられ、小野寺氏は「人口千人の村と28万人の市を比べられても苦しい」とこぼした。

 市によると、西目屋村が給付を開始するとの報道があった4月27日ごろから、電話が相次ぐようになった。多い日には200件以上の問い合わせがあり、中には「死ね」などの暴言もあった。